熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報

最新情報の記事一覧

綾瀬市・外壁塗装工事|外壁の中塗り作業を行いました!

外壁の中塗り作業が完了致しました! 神奈川県綾瀬市にて始まりました屋根・外壁塗装工事では、外壁の中塗り作業を行いました!施工事例ページの作成がまだ出来ておらずすみません、なんとか本日中に仕上げます。ご紹介できていない塗装作業写真もまとめて掲載致しますので、公開まであともう少々お時間を下さい! 施工事例ページではこれまで直接工事のご依頼をいただいたお客様の現場を一部掲載しております。また、アパートやマンションなどの集合住宅、工場や事務所などの内装や防水工事、そして公共施設の工事(公共工事)も作業写真や工事内容もご紹介しておりますので、外装リフォームをご検討の際には、業者選びの比較材料として是非ご覧頂ければと思います! 秦野・厚木・横浜・杉並の4店舗展開中!熊澤建装の外装リフォーム実績はこちら これまでの現場ブログでは、着工のお知らせ・高圧水洗浄・屋根の下塗り作業のご報告をしておりました。所々工程が抜けたご紹介となってしまっておりますが、単純に現場ブログの更新が間に合っていないだけでしっかりと1日1工程を遵守し、こだわりの材料を使用して作業を行っております。 外壁塗装に使用している材料は、もう熊澤建装の塗装と言えばこれ!というほどお馴染みとなりましたアレスダイナミックシリーズです。シリコングレードの【アレスダイナミックTOPマイルド】を使用しております。「マイルド」?と思われるかもしれませんが、この「マイルド」とつくものは溶剤系です。アレスダイナミックTOP自体にも2種類あり、水性のTOPと溶剤のTOPマイルドです。溶剤、つまり油性ですので、塗料用シンナーで稀釈してから塗装します。水性は水で稀釈しますので、水性と比べると溶剤は臭いが出ますが、塗装中のみで乾燥すれば臭いはなくなります。また、水性よりも塗膜が強いので、耐久年数が大きく変わるわけではありませんが、使用されている外壁材や劣化状態から水性と溶剤どちらのほうがお客様にとって良いかしっかりご説明した上で決めて頂いております。 使用する塗料に関するご相談や、外壁・屋根塗装のお見積りなど、建物の調査から実際にかかる費用のご提案まで無料でご案内しております!調査や御見積りを行ったからといって必ずご契約頂く必要はございません!まずは同業者と金額だけで実績や提案内容を比較して頂き、業者選びの判断材料の一つとしてお役に立てればと思います! 無料の外壁診断、雨漏り調査、御見積りのご依頼、各種お問い合わせはこちらから https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.27 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

小田原市・外壁塗装工事|付帯部の塗装を行いました!

付帯塗装が完了致しました! 神奈川県小田原市にて行っております戸建て住宅の外壁塗装工事では、付帯部の塗装作業が完了致しました!写真がアップすぎて分かりづらいと思いますがどの部分かおわかりになりますでしょうか?これは軒天と雨樋の下側でございます。まるで新品に取替えたかのような刷毛やローラー後もないピカピカの仕上りでございます!さすがプロの技、これまで多くの経験を積み、知識と技術をしっかりともった職人が丁寧に塗装作業していることがよく分かります。いつもありがとうございます。 これまでの塗装作業写真は施工事例ページにてまとめてご覧頂けますので、是非こちらもチェックしてみてください。 https://toso-kumazawa.com/works/11931/ さて、付帯塗装は大がかりな屋根や外壁の塗装が終わった後に行う工程です。つまり完工まで後もう少しですね!1月14日から工事に入っておりますので、現時点で約2週間でございます。先日は雪が降ったり、昨夜も雨が降ったりと悪天候の日が何度かあってお休みさせて頂きましたが、本日まで大きな遅延もなくスムーズに進められております。 塗装が完了しましたら社内検査やお客様立ち会いの上で最終確認などもございますので、すぐにお引き渡し!ということではありません。足場解体までまだあと数日かかってしまいますが、検査の検査の確認の確認という作業が熊澤建装の仕上り一番というモットーから熱心に行っている重要な作業ですので、最後の最後まで何卒よろしくお願い致します! 外壁塗装や屋根塗装、ベランダ防水やアパート・マンションの外装工事等、様々な建築物の塗装・防水工事を専門的に承っております。中学校や消防署などの公共工事も行っており、特殊な技術やノウハウも習得している技術力の高い自社職人が責任を持って直接工事を行います。 受付から工事、アフターサポートまで一貫して行っているからこそ、統一したサービスのご提供と適正価格の工事が可能な熊澤建装に是非お任せ下さい! https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.27 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

横浜市・屋根塗装工事|ダイナミックフィラーによる下塗り完了!

屋根の下塗り作業を行いました! 神奈川県横浜市にて行っております戸建て住宅の屋根・外壁塗装工事では、屋根塗装の作業に入り始めました!写真は下塗りを行っているところで、使用する屋根用塗料の【アレスダイナミックルーフ】にあわせて、専用の「アレスダイナミックフィラー」という下塗り材を塗装しております。 https://toso-kumazawa.com/works/11930/ この塗料はほぼ透明ですので、塗った後は表面に光沢が出来たかな?くらいの変化しかありません。多くの下塗り材が白っぽくなりますのでこれはこれで新鮮ですね!下塗り材は屋根材と塗料がしっかりがっちりと密着するように塗られるものですので、とくに色があってもなくても問題ありません。 アレスダイナミックシリーズは外壁用と屋根用があり、今回の工事では屋根と壁両方アレスダイナミックシリーズで揃えております。グレードとしてはシリコンという一般的な塗り替え用塗料のグレードですが、「ラジカル制御技術」という関西ペイントさんが独自開発した太陽光ダメージを抑制する技術が搭載されていますので、従来のシリコン塗料よりも長期間強力に外壁や屋根を守ってくれます! https://toso-kumazawa.com/blog/11381/ さらに、この新開発された技術が搭載しているにもかかわらず金額は通常のシリコン塗料とほとんど変わりませんので、価格と耐久年数を見るとコストパフォーマンスにも優れていることが分かります。フッソ塗料にせまる耐候性をもったアレスダイナミックシリーズは当社で一押ししている超おすすめ塗料ですので、もしこれから外装リフォームをお考えの際には、是非塗料にもこだわってご検討ください! 塗料のご相談やお住まいの状態検査など、外装に関するお悩みやお困りごとをプロの診断スタッフがお答え致します!当社は神奈川・東京エリア全域にて累計7000棟にせまる直接注文による工事を行っており、公共施設の工事も毎年行っている実績ある専門業者ですので、是非お気軽に問い合わせください! https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.26 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

厚木市・外壁塗装工事|中塗り~上塗りの作業報告!

外壁中塗り~上塗りが完了致しました! 神奈川県厚木市にお住まいのお客様よりご依頼頂きました、外壁塗装・屋根カバー工事の現場では、外壁の中塗り~上塗り作業まで完了致しました!現場ブログが滞っており、申し訳ございません。当社では1日1工程を遵守しておりますので、今回中塗りと上塗りを同時にご紹介しておりますが、別日に行っております。まとめてのご紹介となりましてすみませんでした。 これまでの作業写真は施工事例ページにまとめております。屋根カバーの写真が途中で止まってしまっておりますので、こちらは現場担当より写真が届き次第更新致します! https://toso-kumazawa.com/works/11928/ 最初に載せた写真が中塗り状態です。外壁用上塗り塗料1回目の塗装で、この1回では塗膜に十分な厚みがないため、塗料が持つ耐候性や本来の発色も出来ていない状態です。 こちらが上塗り材2回目を行っている時の写真です。手前側の暗い色が中塗り、奥側の少し明るくなっている部分が上塗り後です。塗料が乾くことによってまた若干色が変わりますが、2回塗り重ねることによってカタログにある色見本のような色になります。 また、今回使用している塗料【アレスダイナミックTOP】の一番のオススメポイントである「ラジカル制御技術」も、メーカー指定の塗膜の厚みがなければ発揮することは出来ません。稀釈の用量を守り、決められた工程を基本として、必要であれば下塗り材を増やしたり、トップコートを塗ったりすることによって、建物に最善なお手入れが完了するのです。 塗料に関するご相談や、建物の状態調査のご依頼など、全て熊澤建装に在籍している職員が行っております。実際に工事を行う職人も自社職人ですので、他業者に比べて中間マージンがかからない分、質の高い工事を適正価格でご提案出来ることが当社の強みです!御見積りのご提案まで無料で行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください! https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.26 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

【本日定休日】武蔵野市にてトップライト交換工事を行いました!

トップライトの交換を行いました! 東京都武蔵野市にお住まいのお客様より、戸建て住宅に設置してありますトップライト(天窓)の交換工事のご依頼を頂きました!弊社にご相談・ご用命頂き、誠にありがとうございます。 弊社の東京営業所が今は杉並区にありますが、その前は武蔵野市にございまして、その頃に何度かお話しさせていただいたお客様より再度お声かけ頂き、今回工事させて頂くこととなりました。「ベルックス」という海外製のトップライトだったため、材料の注文に少し時間がかかってしまいましたが、無事国内にある在庫の取り寄せが出来ましたため、数日に分けて工事を行わせて頂きました。 今回行いました交換工事の流れはこんな感じです。 1,足場設置 2,室内養生 3,トップライト交換 4,クロス工事 トップライト自体がものすごく大きくて重いので、材料搬入にも時間がかかってしまいました。また、ガラス製品ですので外に置いておくことも出来ず、お客様にご協力頂き、トップライト設置を行うちょうど下の部屋をお借りしておかせて頂き、設置の際に汚してしまわないようシートでしっかりと保護させて頂きました。 また、トップライトのカバーを外す際に室内の壁紙を取り外さなければいけなかったため、撤去したクロスも張り直して工事が完了でございます。ご依頼頂いてから様々な事が重なり少し遅くなってしまい申し訳ございませんでした。無事工事が終わってほっとしました!また、室内からの工事もあり、度々ご協力頂きまして誠にありがとうございました! 古田恵住宅からアパート・マンション、さらに工場や事務所内装など様々な建物の外装&内装リフォームを行っております!当社は受付から調査員、職人、アフターサポート係まで全て在籍している職員が行っておりますので、様々な工事も一括でお申し込みが出来、最初から最後まで、その後もずっと統一したご提案とサポートをさせて頂きます。 現場調査や御見積りの作成は無料ですので、是非お気軽にお問い合わせください! https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.25 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

【本日定休日】茅ヶ崎市・防水工事|ベランダ防水の追加塗装を行いました!

ベランダ防水の手直しを行いました! 神奈川県茅ヶ崎市にございます戸建て住宅の外壁塗装・防水工事の現場にて、ベランダ防水の表面凹凸が目立つとのご指摘がございました。元々の状態は床自体にひび割れが発生しており、一部破損して浮いてしまっているような状態だったため、浮いた部分を全て撤去し、モルタルにて補修を行った後防水工事を行っておりました。 しかし、やはりお客様にご指摘頂いたようにひび割れがあった部分の凹凸が目立ってしまっていました。機械を使ったケレン作業にて表面を平坦に出来る場合もございますが、床材への負担と費用を考えて今回は平坦にはせず、ウレタン防水を厚めに塗ることで出来るだけなだらかにするという方法でご提案しておりました。工事前のご説明が不十分だったと弊社も痛感し、再度もう1層ウレタン防水を重ねることでより目立たないようにさせて頂く方法をとらせて頂きました。 最初に貼りました写真がそのもう1層ウレタン防水を重ねた後の状態でございます!光の加減もございますが、かなり表面の凹凸は目立たなくなったかと思います! ですが、私どもの配慮が足りずにお客様にご心配をおかけしまい、申し訳ない限りでございます。現在施工に関する注意事項を書類でまとめてご覧頂けるよう準備中ですので、今後このようなことがないよう細心の注意を払ってご提案とご説明を行って参ります。   外壁塗装・屋上防水の作業写真、工事概要はこちらから▽ https://toso-kumazawa.com/works/11861/ 屋上防水やベランダ防水等、雨漏りに関するご相談から御見積りのお問い合わせはこちら▽ https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.25 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

【本日定休日】小田原市・外壁塗装工事|外壁の塗り替えが完了致しました!

外壁の塗装が完了致しました! 神奈川県小田原市にお住まいのお客様よりご依頼頂きました外壁塗装工事では、外壁の上塗りが完了致しました!基本的に上塗りという工程は塗装作業の最後に行われますので、つまり!外壁塗装はこれで完了でございます。大きな面積の塗装は完了しましたので、後は雨樋や金具部分など細かな付帯部を塗装して参ります。 ※全ての塗装で上塗りが最終工程というわけではございません。 これまでの作業写真や工事内容の詳細を施工事例ページにてご紹介しております! https://toso-kumazawa.com/works/11931/ 今回が胃壁に使用しております関西ペイントさん製造の【アレスダイナミックTOP】は、太陽光による塗装の劣化を長期間強力に抑制してくれますので、これまで日当たりの良い面だけ色あせてしまったり、見た目は綺麗なのにチョーキング現象が起きてしまったりなどなど様々な劣化症状でお困りの方は、是非おすすめの塗料です!もちろん永年効果が持続するわけではございませんが、従来のシリコン塗料を超越した耐候性があり、シリコン塗料と金額がほとんど変わらないことから、性能だけでなくコストパフォーマンスにも大変優れた塗料でございます。 熊澤建装は神奈川県秦野市からスタートし、現在は厚木・横浜・杉並の合計4箇所に営業所をもつ外装リフォーム専門業者でございます。国土交通大臣の建設業許可を取得して、資格だけでなく知識と技術が磨かれた自社職人が、優れた塗料をつかってより品質の高い工事をご提供しております! 神奈川・東京エリア全域にて現場調査から御見積り作成まで無料で伺っておりますので、是非お問い合わせお待ちしております! https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.24 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

【本日定休日】横浜市・外壁塗装工事|外壁の上塗り作業まで完了致しました!

外壁の上塗り工程まで完了しました! 神奈川県横浜市にてご依頼頂きました戸建て住宅の屋根・外壁塗装工事では、外壁塗装の中塗り~上塗り作業まで完了致しました! 現場ブログでのご紹介が遅れており申し訳ございません、現場が立て込んでいるためになかなかブログが追いつけていない状態でございます。順番にご紹介はさせて頂きますので、工事の流れや作業写真をまとめてご覧になられる際は、施工事例ページにてまとめておりますのでこちらもチェックしてみてください! https://toso-kumazawa.com/works/11930/ 上に貼った写真が外壁の中塗り状態です。通常屋根や外壁を塗装する際、必ず塗料を3回以上塗り重ねております。1回目は塗料が外壁にしっかりと密着できるように調整してくれる下塗り材、2回目以降は上塗り材を重ねていきます。お住まいの状態によっては下塗り材を2回重ねたり、上塗り材を塗り重ねた後にトップコートを塗ったりと、いくつかパターンはございますが、基本は3回塗りです。 上の中塗りというのは、上塗り材の1層目を指しています。 そして、こちらが上塗り材2層目です。 カタログに記載している様々な塗料の性能は、メーカー指定の塗膜の厚みを持たせることで初めて発揮することができます。発色だけでなく、光沢感や防汚性、そして外部ダメージから建物を守るための耐候性も、この塗膜の厚みが重要なのです! 屋根の塗装にも入っておりますので、その写真はまた別途ご紹介致します。一足先に施工事例ページには載せてありますのでよろしければご覧下さい。 https://toso-kumazawa.com/contact/ ↑現地調査のご依頼、無料見積りのご相談はこちらから! (2021.01.24 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

秦野市・外壁塗装工事|シーリング材の充填を行いました!

シーリングの打ち替えを行いました! 神奈川県秦野市にて行っております戸建て住宅の外壁塗装工事では、塗装作業が全て完了しましたので、最後にシーリング材の充填作業を行いました。上の写真だとしっかり馴染んでいるので分かりづらいかもしれませんが、外壁のコーナー部分にあるサイディングボードが細く「く」の字になって設置されているパーツの両端でございます!この説明でわかりますでしょうか、すみません。 これまでの塗装作業写真や工事内容、使用材料のご紹介を施工事例ページにて行っております。きっとご参考になると思いますので、是非一緒にご覧下さい! https://toso-kumazawa.com/works/11929/ シーリング材は防水工事の一種で、壁材同士の隙間や外壁と窓枠の隙間を埋めるためのものです。外壁がモルタル(つなぎ目のない外壁)の場合は、ドアや窓の枠に設置されており、サイディングボード(つなぎ目がある外壁)はそのつなぎ目の部分全てに設置されています。外部から建物内部へ雨水等の侵入を防ぐためにつけられているため、交換をしないままずっと放置してしまうと雨漏りの原因にもなります。 シーリング材の劣化症状として、①千切れている ②縮んでいる ③亀裂が入っている の3点は目視ですぐわかりますが、①②はすでに外壁材の内部へ水分が侵入してしまっている可能性が高いです。水分がしみ込んでしまったまま放置してしまうと腐食が広まり、何も補修をせずに塗装をしてしまうと塗装の浮きや剥がれが発生する恐れも充分にございます。 多くの方があまり気にされないシーリングは、お住まいの細かな部分をいくつも漏水トラブルから守ってくれている重要な部材ですので、定期的な点検で長く良い状態でいられるようにしていきましょう!当社では建物の状態調査から補修時期のご案内、補修工事が必要な場合には費用の御見積りまで無料で行っております。ご相談のみや他業者様との相見積もりも大歓迎ですので、是非お気軽にお問い合わせください。 https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.23 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

厚木市・外壁塗装工事|下地処理、下塗りを開始しました!

下地処理&下塗りを開始しました! 神奈川県厚木市にお住まいのお客様よりご依頼いただきました、戸建て住宅の外壁塗装工事では、塗装前の高圧水洗浄、テープやシートによる養生、打ち替えを行うコーキングの撤去など、塗装に向けての準備作業を行いました。そして、上の写真は下塗り材を塗装した後でございます。 以前ご紹介した際は大屋根のカバー工事を行っておりまして、そちらが完了致しましたので外壁塗装に入っております。写真はルーフィングという防水シートを貼ったところまでしかまだ届いていないため、新しい屋根材を被せた後の写真はまた後日更新致します! https://toso-kumazawa.com/works/11928/ 外壁塗装には関西ペイントさん製造のアレスダイナミックTOPを使用致します。独自開発された「ラジカル制御技術」によって、太陽光によるチョーキング現象やひび割れを長期間抑制してくれる、耐久性に優れた塗料でございます。塗料グレードではシリコン塗料と区別されますが、従来のシリコン塗料を超越し、フッソ塗料にせまる耐候性がありますので、当社も一押ししている材料です! 塗料に関するご相談や、他業者との相見積もりも大歓迎しております。建物の状態調査から補修費用・リフォーム工事の費用に関する御見積り作成まで無料で行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。 https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.23 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

綾瀬市・屋根塗装工事|屋根の下塗り作業を行いました!

屋根の下塗りを行いました! 神奈川県綾瀬市にて行っております屋根・外壁塗装工事では、屋根の下塗り作業を行いました!上の写真ですと屋根が白っぽくなっているのがお分かり頂けるかと思います。使用する塗料によって違いますが、今回使用する塗料の下塗り材が白いため、このように白っぽくなっております。 通常の塗料ではなく、屋根材に塗料が密着しやすくするために塗る物なので、「透けてるけど大丈夫?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、こういう物ですので問題ありません。 いつもなら施工事例ページにて写真をまとめてご紹介しているのですが、現在作成中のためもう少々お待ちください! 秦野・厚木・横浜・杉並の4店舗展開中!神奈川・東京エリアの施工事例一覧はこちら 今回屋根塗装に使用する材料は【サーモアイ】という日本ペイントさんが製造している遮熱塗料です。遮熱塗料は太陽光に含まれている赤外線を効率よく反射させることによって、屋根表面の温度を抑えることが出来るという仕組みとなっております。屋根表面にたまった熱は屋根材を通して室内温度にも影響がございますので、温度の上昇を抑えることによってより室内環境が快適になるのです! 詳しいご説明を特設ページにてご紹介しておりますので、是非こちらもご参考下さい。 https://toso-kumazawa.com/blog/10052/ 熊澤建装では屋根塗装だけでなく、今ある屋根の上に軽量で丈夫な屋根材を重ねて被せる「屋根カバー工法」や、今ある屋根を全て解体して、新しい屋根材をのせる「葺き替え工事」も可能です!使用している屋根材や状態によって可能な工事方法が変わりますので、是非ご検討中の方はお気軽にご相談ください! https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.22 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

小田原市・外壁塗装工事|外壁の中塗り作業を行いました!

外壁下塗りを行いました! 神奈川県小田原市にて行っております外壁塗装工事では、外壁の中塗り作業を行いました!施工事例ページにて工事内容や使用する材料のご紹介をしておりますので、是非一緒にご覧下さい。 https://toso-kumazawa.com/works/11931/ 今回行いました「中塗り」という作業は、外壁用塗料の2層目を塗った状態です。1層目は「下塗り」といって外壁材と塗料の密着性を上げる為に行う塗装があり、これはよく塗料のご紹介でお話ししているものとは別です。御見積書でも下塗りと中塗りは別枠に記載されていることが多いと思いますが、使用する材料自体が別物で、塗装する箇所の材質によって変える必要性があるため金額も異なってきます。 中塗りの後に行う塗装作業を「上塗り」と呼び、外壁用塗料の3層目を指します。中塗りに使用した塗料と同じものを使用しますが、熊澤建装でお勧めしている【アレスダイナミックシリーズ】には物によって中塗り専用と上塗り専用の塗料が別に用意されている物もあります。 塗料は1層だけでは外壁に上手く密着できず、2層だけだと発色が悪いだけでなく、塗料本来の性能を発揮出来ません。今回お伝えしたように下塗り、中塗り、上塗りと3そう重ねることによって初めて耐久性や防汚性を発揮することが出来るのです。 熊澤建装では資格だけでなく、知識・技術・経験を持った専門スタッフがお客様のお住まいにとって最善の塗装方法をご提案しております。また、工事自体も代表の熊澤が自ら教育してきた職人が行っておりますので、優れた材料を高い技術を持った職人によって仕上げさせて頂きます。 他業者が入らない分、工事費用も適正価格としてこれまでお客様よりご好評頂いておりますので、是非お気軽に御見積りのご相談や補修に関するお問い合わせを頂ければと思います! https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.22 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

横浜市・外壁塗装工事|外壁の下塗り作業を行いました!

外壁の下塗り作業を行いました! 神奈川県横浜市にお住まいのお客様よりご依頼頂きました外壁塗装工事では、高圧水洗浄や養生シート設置などの準備が終わり、先日より塗装作業に入りました!本日のご報告は、外壁の下塗り作業完了でございます。 ※作業中の写真は、今後施工事例ページにてまとめてみられるように準備中です。施工事例ページでは工事の内容や使用する材料のご紹介、そして作業写真などを掲載しておりますので、是非一緒にご覧下さい! 神奈川・東京エリア全域にて行った自社施工現場一覧はこちら 外壁塗装の下塗りとは、外壁材と塗料の密着性を上げる為に行われる作業です。下塗り材を塗ったからと行って表面がぺたぺたしているわけではありません。まずは外壁材にしっかりくっつくために若干外壁材自体にしみ込みます。そして表面は塗料がくっつきやすい仕上りになっているため、直接塗料を外壁に塗ってしまうよりもより強力に接着させられるのが下塗り材です。 使用する塗料に合わせて下塗り材をかえる必要があり、塗装する部分の素材や劣化具合によっても下塗り材を変えることによって下地の補強をしたり、塗装の維持期間を大幅に変えることが出来ます。 もちろん、どの部材に何を使うか、どのくらいの劣化状態だったらどういう組み合わせが良いのかという判断は実際に建物を見てみない判断が難しいので、当社では補修工事のご相談を頂いた際には必ず調査でお伺いさせて頂いております。多くの方は「来られると押し売りされそう・・・」と思われがちですが、建物の状態をしっかり見ずに出される見積書ほど信用できない物はありません。最善の方法を持って工事しなければ、せっかく工事を行っても数年で不具合が生じる可能性が高いのです。 熊澤建装ではしつこい営業や契約の強制行為を一切行っておりません。在籍している職人の高い技術と、こだわって選んだ優れた材料を使用した適正価格でのご提案をお約束致します。パンフレットのお送りやお電話でのご相談も行っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。 https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.21 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

綾瀬市・屋根外壁塗装|お引き渡しが完了致しました!

お引き渡しが完了致しました! 神奈川県綾瀬市にお住まいのお客様よりご依頼頂きました【戸建て住宅 屋根・外壁塗装工事】が、全ての検査作業を終え、足場の解体、そしてお引き渡しが完了致しました!工事期間は約2週間、少し雨が降ることもありましたがとてもスムーズに作業が進められました。ご協力頂きましたお客様、近隣の皆様、誠にありがとうございました。 https://toso-kumazawa.com/works/11867/ 屋根や外壁の塗装作業写真を一部施工事例ページに掲載しております。弊社では作業写真をまとめた報告書の作成を行っておりますので、そのうち一部の写真のみ公開しております。職人さんが作業をしてる合間で撮影しているので時々とても施工面が近いこともありますが、近くで見てもその作業の丁寧さがよく分かるほどの綺麗な仕上りとなっております! 是非業者選びの判断材料として、作業写真やお勧め塗料のご紹介などもご覧頂ければと思います。 皆様は春を迎える準備は万端ですか?年越しは1月ですが、様々な行事の新年は4月でもあります。春に新しい環境になる方もいらっしゃれば、特に変わりはなくとも4月から心機一転して気持ちを切り替えようという雰囲気はございます。せっかく気持ちの良い春を迎えるに当たって、快適な空間をもたらしてくれているお住まいの外装が黒ずんでボロボロだとなかなか気持ちの切り替えも難しくなります。 屋根や外壁の塗装は温かい春や夏に行うべきだと思われている方が多いですが、当社が直接工事のご対応可能な神奈川・東京エリアのほとんどでは積雪が少なく、冬でも問題なく工事が可能です。是非新しい春を迎えるための準備として、2~3月の外装リフォームを検討してみてはいかがでしょうか? 建物の状態調査から、補修費用の御見積りまで無料で行っております!お気軽にお問い合わせください。 https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.21 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

綾瀬市・屋根外壁塗装工事|高圧水洗浄を行いました!

屋根壁の高圧水洗浄を行いました! 神奈川県綾瀬市にて新たに始まりました戸建て住宅の屋根・外壁塗装工事では、建物表面に付着した汚れを洗い流すために高圧水洗浄を行いました!今後塗装作業風景の写真や工事概要を定期的に施工事例ページへ更新していきます。 https://toso-kumazawa.com/works/11931/ 上の写真は屋根の洗浄中のもので、屋根上部の表面が黄緑色になっていることが確認出来ます。これは、屋根塗装に含まれる塗膜の防水性が落ちてしまい、屋根面の水分が蒸発できずに残ってしまっているため、コケが発生している状態です。外壁よりも多く太陽に当たる屋根ですが、「太陽に当たる=水気が乾きやすい」だけでなく「太陽に当たる=塗装が劣化しやすい」という状況でもあります。塗料メーカーの保証でも屋根用塗料のほうが耐久年数が短く書かれているのは、塗料自体の性能ではなく環境によって長期維持が難しいためです。 コケや藻が発生してしまうのは、湿気が多い場所にあると言うことも原因のひとつではございますが、塗料自体の防水性が低下しているために発生している場合もありますので、屋根材や外壁材自体が劣化してしまう前に、定期的な塗装によるメンテナンスは大切なお住まいを守るためには必要不可欠です。今までは7~8年に一度お手入れが必要と言われておりましたが、塗料の性能が上がり、今では10年以上もつとされていますので、建てられてから10年、前回のお手入れから10年経っている場合には是非一度塗装の専門家による状態点検をお勧め致します。 当社では外装の劣化診断や雨漏り調査を無料で行っております。また、補修が必要な場合には費用の御見積りも無料で作成、ご提案しております。建設業許可と技能資格を持った診断のプロが直接調査をし、ご説明致しますので、安心してお任せ頂けます。 調査や御見積りを行ったからといってしつこい営業や契約の強制行為などは一切行っておりませんので、お気軽にご相談頂ければと思います。 https://toso-kumazawa.com/contact/ (2021.01.20 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。