熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報

最新情報の記事一覧

【本日定休日】外壁塗装工事の流れについて|屋根・外壁塗装は熊澤建装へ

屋根・外壁塗装・防水工事専門店の(株)熊澤建装です。戸建て住宅から工場やビル・公共施設の施工も行っている創業20年の会社です。施工から管理まで一貫して行っているため、スムーズな工事のご案内と高い技術を持った職人による直接施工により品質の良い工事を適正価格にてご提案が出来ることが当社の特徴と考えております。 屋根カバーや葺き替えなどの屋根工事、サイディング張り替えやタイル補修等の外壁補修工事など外装リフォームに関する幅広い工事を承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。 https://toso-kumazawa.com/contact/ <定休日のご案内> 本日は当社ホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。大変恐れ入りますが、毎週日曜・月曜はお休みさせて頂いております。お問い合わせフォームは24時間365日受付しておりますので、よろしければ上記フォームよりご相談・お問い合わせ内容をお送り頂ければと思います。 また、お電話でのご相談は火曜日の朝9時から受付を再開しております。   昨日もお伝えしておりました外壁塗装の流れに関しまして、前回はお問い合わせから調査・御見積り・ご契約という工事に入るまでの流れを簡単にご紹介致しましたので、本日は実際に外壁塗装工事が始まってからの流れについてお伝え致します。   【外壁塗装工事の流れ】   1,足場仮設・飛散防止ネットの設置 建物の工事をするとなったら必ずと言って良いほど行う足場の仮設工事ですが、ほとんどの業者は足場工事のみ他の業者に依頼することが多いです。理由としましては足場部材の購入、保管、足場職人の設置が必要となるため、足場を専門としている業者に任せてしまう方が早くて楽なためです。 しかし当社は戸建て住宅や大型物件を複数請負っても大丈夫なほどの多数の足場部材を所持し、足場主任の資格を持った専任職人が在籍しておりますので、足場仮設から自社で行い、他業者へ依頼する際の中間手数料や無駄な経費は一切かかりません。 また、足場職人が在籍していることにより足場の設置から解体までの日程調整がスムーズに行えるため、「足場屋の予約が取れずいつまでの足場の解体が出来ない」という問題も出ません。   2,高圧水洗浄・養生 外壁や屋根に付着している汚れやコケ・藻などは、塗装する際に残っていると塗料が上手く密着できずに剥がれてしまう原因となります。当社で使用している高圧洗浄機はホームセンター等で販売されている機械とは水圧が違い、誤って水の噴射口に手をかざしてしまうと切れてしまうほど大変高圧なものを使用しております。 無理にブラシでごしごしと洗ってしまうと壁材自体を傷つけてしまったりクラック(細かな亀裂)を広げる原因となってしまうため、洗浄機にて綺麗に汚れを洗い流します。 その後、塗料が付いてはいけない部分(窓や玄関など)には養生シートを取付けます。ビニールシートにマスキングテープが合体したような形状で、設置部にテープがきちんと密着して保護するため塗料のはみ出しを防ぎます。   3,下地処理(下地調整) 施工面の状態を塗装や防水工事をするのに適した状態になるよう整えたり補修したりする作業のことを下地処理と言います。先ほどの高圧水洗浄も下地処理の一貫です。 下地処理で行う作業にはいくつか種類があり、施工箇所の素材や状態によって作業内容も変わります。 ・ケレン作業 素材が金属製の場合にはサビ、木材の場合にはカビが発生している場合があります。またこれらが原因で塗膜が浮いてしまっている場合もあるため、そういった部分を電動工具やペーパーなどで削り落とす作業をケレンといいます。 ・シール補修 シールはシーリング・コーキングとも呼ばれており、どれも同じものを指しています。サイディングボード同士の隙間やALCパネル同士の隙間、外壁材と窓枠の隙間のことを「目地」といい、この目地を埋めている弾力のあるゴム状の部材のことをシールといいます。外部から水分の侵入を防ぐ役割が有り、劣化すると亀裂が入ったり萎んで隙間が出来てしまうため、外壁塗装を行う際にはシール補修もお勧めしております。 ・セメント補修 かなり劣化が進んでしまったモルタル製の外壁材の場合に行う補修作業で、ひび割れを長期間放置していると外壁材自体がボロボロと崩れるという症状がおきるため、崩れてしまう壁材をハンマーなどで叩いて落とし、下地からコテでならして補修を行います。   4,外壁塗装 塗装するのに適した状態に補修が完了したら塗装に入っていきます。使用する材料の製造元メーカーが塗料の性能を一番発揮出来る塗膜の厚みや乾燥時間を決めているため、それらの仕様にそって施工を進めます。 例えばお勧め塗料でもご紹介しているアレスダイナミックMUKIという外壁用ハイブリッド塗料は下塗り1回、上塗り2回、最低4時間の乾燥時間が必要とカタログにも記載されています。当社では1日1工程を徹底しているため、下塗り・中塗り(上塗り1回目)・上塗り(上塗り2回目)を全て別日に行っております。 下塗りは外壁と上塗り材の密着性を上げる為の接着剤的な役割を持っており、塗料によっては下塗り材と上塗り材を同じシリーズで合わせることによってより機能性を向上させることが出来るものもあります。当社で人気の高い遮熱塗料のサーモアイシリーズは下塗り材にも遮熱効果があるため、下塗りと上塗りのダブル遮熱によってより効果が感じられるようになっています。 また、上塗り材はある程度の厚みを持たせることで本来の耐久性・耐候性を発揮しますので、塗料用シンナーで薄めすぎたり、上塗りを1度しかしていないとすぐに劣化してしまい、施工不良の原因となります。塗料が薄かったり1度塗りだけの場合には、きちんと2度塗りが行われた塗装に比べて塗料の発色・艶ありの場合には艶感が違いますので、工事中不在の場合には注意して見てみましょう。   5,付帯塗装 雨樋やエアコンダクトなど外壁周りに設置されているものを塗装します。 付帯部分それぞれに名前がありますので、詳しくはこちらの画像をご確認ください。 外壁・屋根・門以外は付帯部と呼ばれる箇所です。こちらの塗装も塗料の仕様に沿った方法と回数で塗装を行います。 今回は外壁塗装の流れに浮いてですので、正確に外壁の付帯部として塗装するのは、雨樋・笠木・雨戸・戸袋・面格子・霧よけ・庇です。ただし、それぞれの材料によっては塗装できない場合がありますので、その際は高圧洗浄のみ行います。   6,社内検査・立ち会い確認 塗装作業が完了しましたら現場管理者が社内基準の検査を行います。下から見るだけでなく足場を上り外壁上部まで塗料のはみ出し、塗り残し、塗料ダレがないかなどを全面細かく確認します。 社内検査にて問題が無ければ最終確認としてお客様と一緒にもう一度検査を行います。ご希望があればヘルメットを貸し出しの上、足場の立入をお手伝いさせて頂きますが、大変危険ですので立ち会いがない場合には登らないようにお願い致します。 また、定期的に調査には入らせて頂いてますので、変更や修正・追加がありましたらその都度おっしゃっていただければすぐに対応させて頂きます。   7,足場解体 最終検査が終わりましたら足場職人にすぐ確認をして足場の解体日を決めます。足場専任で動いている職人なので、比較的早く足場の解体が行えます。解体時には金属を叩く音が近隣に響いてしまいますが、戸建て住宅であれば大体半日で作業が完了致しますので、解体後にはお声かけさせて頂き撤収します。 足場設置及び解体の際に注意事項がございまして、大きな足場部材を運ぶために大型トラックをお近くに止めさせて頂く必要がございます。お家の前の道路が狭かったりトラックが入れないような場所であれば少し離れて駐車し、作業させて頂く場合がございますが、基本的には建物の目の前に駐車させて頂きますのでご了承ください。   以上が外壁塗装工事の流れです。外壁塗装は必ずこの流れで行われますので、今後工事の予定をされている方や他社での工事が決まっている方も是非参考になればと思います。 かなり長文になってしまいパソコンを打つ指が大分カタカタになってきましたのでこの辺りで失礼させて頂きます。最後までお読み頂きありがとうございます。 明日の9時から通常営業いたしますので、屋根・外壁塗装や防水工事など外装リフォームに関するご相談・ご質問お待ちしております! https://toso-kumazawa.com/apartment/ (2020.08.03 更新) 詳しく見る
塗装の基礎知識最新情報

屋根塗装用|アレスダイナミックルーフMUKI|ハイブリッド塗料

屋根塗装用ハイブリッド塗料 「アレスダイナミックルーフMUKI」のご紹介 正式名:弱溶剤2液形ハルスハイリッチ無機有機ハイブリッド屋根用塗料   【 塗装仕様 】 ※艶ありのみ ■住宅屋根用化粧スレート・波板スレート  下塗り:アレスダイナミックシーラーマイルド透明  中塗り:アレスダイナミックルーフMUKI  上塗り:アレスダイナミックルーフMUKI ■金属屋根  下塗り:アレスダイナミックプライマー  中塗り:アレスダイナミックルーフMUKI  上塗り:アレスダイナミックルーフMUKI   屋根は外壁と比べて太陽光のダメージを直接受けて夏は表面温度が猛烈に暑くなり、地域によって酸性雨や積雪の滞留など最も過酷な環境に曝されています。 中でも紫外線は夏だけでなく一年中降り注いでおり、地球温暖化によるオゾン層破壊の影響も有り年々その量は増えて言っていると言われています。紫外線は塗膜や素材を劣化させてしまうため、紫外線に強い塗料選びをして頂くことが大切です。   ★優れた耐候性は独自技術によって生み出された  無機×有機の「ハイブリッド技術」 「無機」の強靱さと「有機」の柔軟性、そしてフッソレジン素材の保護機能を高効率で配合させたことにより、優れた耐候性を発揮します。 ・無機の優位性 太陽光(紫外線)や酸性雨など長年浴び続けても簡単に崩れない優れた耐久性があります。 ・最高グレードのフッソレジン 加工がしやすく柔軟性があり、コーティングした素材を強力に保護します。   ★紫外線から素材を守る 「ラジカル制御技術」 塗料の顔料に入っている酸化チタンは、紫外線を浴びることにより塗膜劣化の原因物質「ラジカル」を発生します。ラジカルの発生と活動を抑制することにより、塗膜の耐候性を飛躍的に向上します。 <ラジカル制御技術に組み込まれている4つの機能> 1, 高性能レジン  超強力な結合エネルギーを持つ国産の「高性能無機レジン・フッソレジン」が紫外線をブロックして劣化を阻止します。 2, UVトラップ  高性能レジンをすり抜けた紫外線を無害化します。 3, ラジカルバリヤコート  酸化チタンに紫外線が到達しないようブロックします。 4, HALSラジカルキャッチャー  極微量のラジカルバリヤーコートをすり抜けてしまった紫外線により発生したラジカルを捕獲し、全て無害化します。   ■従来の最高グレード「フッ素樹脂塗料」を超越する優れた耐候性 ■強靱な塗膜による高い耐久性 ■親水化技術(親水化:雨水等の水滴が多摩にならず薄く広がって水の膜をつくること)による低汚染性 ■高性能レジンにより美しい光沢・艶が長持ち ■防カビ・防藻性能 ■窯業系屋根・金属系屋根どちらでも使用可能 (関西ペイント「アレスダイナミックルーフMUKI」カタログより引用)   これまでご紹介したアレスダイナミックシリーズ https://toso-kumazawa.com/blog/9947/ https://toso-kumazawa.com/blog/10049/   内装用の抗菌・抗ウイルス機能付き塗料「アレスシックイ」 https://toso-kumazawa.com/blog/10851/ (2020.08.02 更新) 詳しく見る
おすすめ塗料紹介最新情報

【本日定休日】外壁塗装の流れとは?秦野・厚木・横浜・杉並に4店舗展開中!

屋根・外壁塗装・防水工事専門店の熊澤建装です。秦野・厚木・横浜・杉並に4店舗展開しており、6000棟以上の豊富な施工実績があり、毎年公共工事も行っております。塗装以外にもサイディングの張り替えや屋根カバ-・屋根葺き替え工事も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。   <定休日のご案内> 本日は当社ホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。恐れ入りますが毎週日曜・月曜日は受付窓口をお休みさせて頂いております。 ホームページ内のお問い合わせフォームは24時間365日受付可能ですので、宜しければお問い合わせフォームよりご相談内容をお送り頂ければと思います。また、フリーダイヤルのお電話での受付は火曜日の朝9時から受付を再開しております。 https://toso-kumazawa.com/contact/ 定休日には塗装工事に関する豆知識・基礎知識をご紹介しております。本日は既に何度かご紹介しておりますが改めて外壁塗装工事の着工までと工事中の流れについてご紹介致します。 本日はお客様からご相談頂いた内容をもとに調査から着工するまでの流れについてお伝えします。   【工事着工までの流れ】 1,お家・建物の調査 戸建て住宅はもちろんアパートなどの集合住宅や店舗・事務所・ビルの改修工事も承っております。お客様のご相談やご要望内容をお伺いのうえ、直接現場へお伺いして建物の大きさや素材の痛み具合などを判断するために調査を行います。 外壁だけでなく屋根を登らせて頂いたり、ベランダや屋上の雨漏りがある場合には水を流して調査させて頂く場合がございます。調査時間は約1時間を目安に予定しており、調査開始時と終了時にはお声かけ致しますのでそれ以外のお時間はご不在でも大丈夫です。   2,工事費用の御見積りを提出 足場工事から塗装・防水などの補修工事まで全て在籍している自社職人が行いますので、他業者へ依頼する際に発生する中間手数料がかからない適正価格でご提案しております。また、使用材料は長年の歴史・実績・信頼のある大手メーカーで社内でも確認済みの優れたもののみを使用いたします。 お客様のご要望やご予算に応じて使用する材料を選定致しますので、塗料で悩まれていいる場合には塗料グレードやメーカーによって複数御見積書の作成を行います。   3,ご契約・工事に関する打合せ 調査や御見積りの提出を行ったからといって必ずご契約頂く必要はございません。建設業界では最低でも3社以上相見積もりを取られることをお勧めしておりますので、ご安心ください。 他社と比較して頂き御見積りの内容にご納得頂けましたらご契約となります。再度お伺いして契約書類に署名を頂き、工事の流れについてご説明致します。また、着工予定日や配色なども決めていきますがご契約日当日でなくても構いません。 配色はカラーシミュレーションソフトを使用したイメージ画像の作成を無料で行っておりますので、ご希望の色名や色番号をご連絡頂きましたらシミュレーション画像作成後にメールによるデータのお渡しか印刷した写真をお渡し致します。   4,着工前日までにご挨拶まわり 近隣にお住まいの方々へは現場管理者がご挨拶回りを行います。ご挨拶の際には工事場所(お客様のご住所)、内容(外壁塗装・屋根塗装など)、期間、高圧洗浄を行う日が記載されている用紙と当社のタオルをお持ちします。 当社の連絡先だけでなく担当の直通番号も書いてありますので、何かあればすぐにご対応出来るようにしています。また、近くに駐車場がある際には車用のシートを設置させて頂く場合がございますので、その旨もご説明させて頂きます。   5,着工 現場管理者立ち会いのもと、足場の仮設工事に入ります。また、定期的に作業確認のためお伺いしておりますので、工事に関するご不明点や追加・変更点がございましたら随時ご相談ください。   以上、ここまでがご相談・お問い合わせ頂いてから着工までの大体の流れでございました。 お客様により着工までの期間は違いますが、当社の施工予約状況によってはご契約から数週間で着工が可能です。これからの時期は年内での工事依頼が段々と増えてきますので、混み合っている際には数ヶ月お待ち頂くこともまれにございます。 できる限りご希望のお日にちで施工が出来るよう調整させて頂きますので、塗装工事の時期が既に決まっている方は早めのご相談・ご予約をお勧め致します。   御見積り前に当社の外壁塗装価格を確認されたい方は是非概算ではありますが塗料別の価格メニューがございますのでご参考ください。 https://toso-kumazawa.com/menu/#wall https://toso-kumazawa.com/siding/ (2020.08.02 更新) 詳しく見る
塗装の基礎知識最新情報

ビルの外壁塗装が始まりました|伊勢原市・外壁改修工事

ビルの外壁塗装工事が始まりました! 神奈川県伊勢原市にて行っている本社ビル・工場の外壁改修工事では、シール補修が完了し、塗装作業に入りました。写真は外壁の下塗り作業後を撮影したもので、モザイクがかかっている部分は会社様の名前が大きく書かれているので隠させて頂きました。 これまで数日間行ってきましたシール打替え工事の様子も含めて作業写真を施工事例ページにまとめております。こちらも是非ご参考ください。 神奈川県伊勢原市 本社・工場外壁改修工事のページ   今回施工しておりますビル(工場)は施工面積が大きいため塗装に入ったからと言ってあと数週間で終わるものではございません。恐らく数ヶ月かかる工事ですので、引き続き定期的(ほぼ毎日)に現場ブログにて作業内容のご報告と写真のご紹介を行って参ります。 また、施工事例ページでは施工地域や施工内容別にまとめてみられるようになりました。皆様がお住まいの地域でのご確認や、アパート・マンションのみの施工事例の確認もできますので、このホームページを開設してから行ってきた工事の一部ではありますがご参考になればと思います。 秦野・厚木・横浜・杉並の4店舗展開中!神奈川・東京都内の施工実績はこちら   今後は先月ご報告致しました公共工事にも入りますので、そちらのご報告がだんだん増えてくると思います。消防署の外壁改修工事でして、期間は10月までとなっております。始まり次第随時現場ブログにてご紹介致しますので、お楽しみに!   雨漏り調査・外壁診断・屋根塗装工事のご相談~御見積りは無料で行っております。高い技術を持った自社職人が行う品質の良い工事を適正価格にてご提案できることが当社の特徴です。御見積りをおこなったからといって必ずご契約頂く必要はございませんので、他社との比較材料や今後の参考書類としてお役に立てればと思います。 https://toso-kumazawa.com/contact/ (2020.08.01 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

秦野市にて新たに塗装工事が始まりました|屋根・外壁塗装は熊澤建装へ

秦野市にて新たに塗装工事が始まりました! 神奈川県秦野市にお住まいのお客様より、戸建て住宅の外壁・屋根塗装工事のご用命を頂きました!当社をお選び頂き誠にありがとうございます。 昨日7月31日に足場組立と高圧洗浄を行いましたので、これから下地調整を行って塗装作業に入っていきます。先に施工事例の特設ページを作成しておりますので、今後の作業写真も現場ブログでご報告しつつ施工事例ページにまとめていきます。 神奈川県秦野市 屋根・外壁塗装工事のページはこちら   当社は秦野・厚木・横浜・杉並の4箇所に営業所を設置し、神奈川・東京エリア全域にて外装リフォーム工事を承っております。創業20年、施工実績は6000棟を超える豊富な実績がございます。また、御見積りのご提案だけでなく足場仮設から施工・管理まで一貫して社内で行っておりますので中間マージンが発生しない適正価格でのご提案が可能です。 https://toso-kumazawa.com/menu/#wall 防水工事も国土交通大臣許可を取得して専門的に行っておりますので、ベランダや屋上の防水工事や雨漏りの補修工事もお任せください。これまでにアパートやマンションのベランダだけでなく、公共施設の屋上や学校のプールの施工も行っている高い技術を持った職人が直接施工致します。 お家や建物の調査から補修工事の費用見積りまで無料ですので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。 https://toso-kumazawa.com/contact/ (2020.08.01 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

秦野市にて塗装作業が完了致しました|外壁・屋根塗装は熊澤建装へ

秦野市にて塗装工事が完了致しました! 屋根・外壁塗装工事のご用命を頂きました神奈川県秦野市の戸建て住宅では、ついに全ての塗装作業が完了致しました。約20日間の施工期間、ご理解ご協力頂きましてありがとうございました。 といってもこれから社内検査及びお客様立ち会いのもと最終確認を行い、追加や修正箇所がなければ足場の解体をしてお引き渡しとなりますので、あと数日だけお時間をいただきます。足場の解体も当社に在籍している専任の職人が行いますので、スムーズにお引き渡しできるよう調整させて頂きます。 これまでの作業内容は施工事例ページに写真をまとめてありますので、是非一緒にご覧ください。 神奈川県秦野市 戸建て住宅 屋根・外壁塗装工事のページ   先ほどもお伝えしたとおり熊澤建装では足場仮設工事がら自社職人が行っているため、「足場業者の予約が取れない・空いていなくて足場がいつまでも解体できない!」というややこしい問題もございません。現場監督が組んだ工程に従って足場から塗装・防水工事まで適切な日程で行っておりますので、安心してお任せ頂ければと思います。 また、中間業者が入らないため無駄な経費や手数料がかからず適正価格にて工事費用のご提案ができることが当社の特徴でもあります。 概算ではありますが30坪の戸建て住宅の外壁・屋根塗装工事の工事価格メニューを塗料別にご紹介しておりますのでご参考になればと思います。 https://toso-kumazawa.com/menu/#wall 御見積りはもちろん、雨漏り調査や屋根・外壁診断も無料で行っております。資格を持った診断のプロが直接お伺いしてお家や建物の調査を行います。補修が必要であれば補修方法のご提案や御見積りの作成を行いますが、問題なければ次回補修の時期をご案内致します。 また、調査や御見積りを行ったかといってご契約頂く必要はございませんのでご安心ください。まずは状態や劣化原因を知って頂き、今後のご参考にして頂ければと思います。 他社様との比較として相見積もりも大歓迎です! https://toso-kumazawa.com/contact/ (2020.08.01 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

伊勢原市の外壁塗装工事が完工致しました|外壁塗装・防水工事は熊澤建装へ

屋根・外壁塗装工事が完工致しました! 神奈川県伊勢原市にお住まいのM様よりご依頼頂きました戸建て住宅の屋根・外壁塗装工事がついに完工致しました!伝統的な日本家屋らしい和の雰囲気のあるお住まいが塗替えたことによりその造形や瓦屋根をより一層引き立たせています。 足場組立の工事着工から塗装・瓦屋根の補修などの作業写真は施工事例ページにまとめてありますので、是非一緒にご覧ください。 神奈川県伊勢原市 M様邸 外壁塗装工事(物置屋根塗装、瓦屋根補修工事あり)   今回使用している塗料は太陽光によるダメージに強い耐候性がありますので、太陽光による色あせも長期間防いでくれます。また、雨によって外壁に付着した汚れを洗い流してくれる性能も優れておりますので、雨だれや黒ずみの心配もございません。   使用した塗料は以前よりお勧めしております関西ペイントの「アレスダイナミックTOP」です。いつものようにご紹介ページを載せておりますので塗料選びの際は是非ご参考になればと思います。 https://toso-kumazawa.com/blog/10049/   塗り替えや雨漏り補修に関するご相談はもちろん、塗料についてのご質問や施工方法に関するお問い合わせも専門スタッフがご対応致します。外壁屋根診断や建物調査から御見積りのご提案も無料で承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。 https://toso-kumazawa.com/contact/ (2020.07.31 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

引き続きシール工事を行っています|伊勢原市・工場外壁改修工事

引き続き工場のシール工事が進められています! ほぼ毎日現場ブログにてご報告しております神奈川県伊勢原市の工場外壁改修工事では、昨日に引き続きシール工事を行っております。今回は職人さんよりシール打替え施工後のドアップ写真が届きましたのでご紹介致します。作業の丁寧さがよくわかるほど近くで撮って頂きましたが、真ん中の少しクリーム色の線がシーリングの打替えを完了し、マスキングテープも撤去した後の状態です。 今までの打替え作業風景は施工事例ページの下の方に写真をまとめておりますので、是非一緒にご覧ください。 神奈川県伊勢原市 本社・工場 外壁改修工事(シール打替え)施工事例ページ   これまで現場ブログにてシーリング材の重要性や施工の流れについてご紹介させて頂いておりましたので、そちらのブログも載せておきます。特に重要性については今回施工しております大型の工場やビルだけでなく、皆様のお住まいや所有されているアパート・マンションなどの集合住宅でも各所に施工されています。 雨漏りを防ぎ、外壁材の破損を防いでくれるとても大切な部分ですので今後の補修や外装リフォームの際にお役に立てればと思います。 ■シーリング工事・シール材とはなにか?その役割のご紹介 ■シーリング材の劣化症状とは?すぐに確認出来るチェック項目 ■シーリング打替え工事の施工方法・工事の流れについて   雨漏り調査や防水工事に関する施工方法のご相談・工事費用の御見積りはお伺いから調査費用・御見積書の作成まで全て無料で承っております。最近のご相談で多いのは瓦屋根のずれから漏水トラブルになってしまった戸建て住宅や、外壁材のシーリング部分から雨漏りしてしまったビル等がございました。 当社は豊富な防水実績により国土交通大臣許可を得て専門的に防水工事を行っておりますので、専門的な観点から雨漏りの原因特定とそれに対する最善の補修方法を自信を持ってご提案できます。 まずはご参考程度のご相談でも専門家がお応えさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。 https://toso-kumazawa.com/rainleaking/ (2020.07.31 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

屋根漆喰の補修中|伊勢原市・屋根外壁塗装工事

瓦屋根の漆喰補修工事中! 神奈川県伊勢原市にて行っております屋根・外壁塗装工事では、外壁の塗装が全て完了し、付帯部など細かな箇所の塗装と瓦屋根の漆喰部分の補修工事を行っております。 これまでの外壁塗装工事 作業風景写真はこちらからご覧頂けます。   漆喰とは瓦屋根の軒先に施工されているもので、凹凸のある瓦の裏面の隙間を埋めている部分のことを言います。隙間を埋めることで雨水の侵入を防ぎ、小動物が屋根裏へ入ってしまうのを防止することが出来ます。 現在の使用では軒先に漆喰を使用せずにプラスチック製の面戸というもので瓦裏面の隙間を埋めています。 漆喰自体は屋根材の一部ではないので剥がれてしまったり屋根から落ちてきてしまっても早急な補修が必要なわけではありませんのでご安心ください。ただし、先ほどもお伝えしたとおり雨水や小動物の進入口になってしまいますのでいずれは修理する必要があります。   当社が行っている無料の屋根診断や、瓦屋根でも専門知識を持ったスタッフが直接確認しております。瓦がずれてしまったり落ちてしまった部分から雨水の侵入があり、雨漏りしてしまったというご相談が梅雨や台風シーズンに大変多くなります。 どのような補修工事を行えばよいかいくつかご提案をさせて頂きますので、その中でお客様のご要望とご予算にあったものをお選び頂きます。 お選び頂くと言ってもご契約頂く必要はございません。まずは熊澤建装の自社職人による直接施工の適正価格がどのくらいなのかご参考にして頂き、是非他社様と比較して頂ければと思います。その上でご納得頂けない場合にはきっぱりとお断り頂くことが当社としてもありがたいことですので、お気軽にご相談頂ければと思います。 秦野・厚木・横浜・杉並の4店舗展開しており、神奈川・東京エリア全域お伺い可能です。 https://toso-kumazawa.com/diagnosis/ (2020.07.30 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

秦野市にて屋根塗装の下塗り作業に入りました!

屋根塗装工事・下塗り作業風景 神奈川県秦野市にあります戸建て住宅の塗り替え工事では、外壁の上塗り作業が完了して屋根の塗装に入っております。写真は洗浄後、数日空けて下塗り作業を行っているところです。 こうしてアップで見て頂くと屋根の表面がかなりけずれていて塗装の膜がほどんど無いことが分かります。屋根塗装の耐救援数は最上位グレードのフッ素塗料でも10年前後で劣化してしまうほど厳しい環境下にいるため、外壁の塗替え時期と合わせる場合には耐久年数にご注意ください。 神奈川県秦野市 戸建て住宅の屋根・外壁塗装工事 施工事例ページはこちら   ほとんどの場合や屋根と外壁同時に塗装される方が多いですが、屋根のみの塗装ももちろん可能です。また、当社では塗装だけでなく屋根カバー工事や葺き替え工事も承っておりますので、屋根の状態によってどの補修方法が一番良いかお客様のご要望とご予算に応じてご提案致します。 屋根塗装の塗料別価格メニューはこちらからご覧頂けます。 https://toso-kumazawa.com/menu/ 屋根カバー・屋根葺き替え工事の専用ページはまだございませんが、外壁の金属サイディング張替えでしたら概算価格にて特設ページのご紹介が出来ますので、こちらはご参考までにご覧頂ければと思います。 https://toso-kumazawa.com/siding/ (2020.07.30 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

工場のシーリング工事中|伊勢原市・外装改修工事

本社・工場の外壁シーリング補修工事中! 法人様よりご依頼頂きました本社・工場の外壁改修工事では、昨日に引き続き外壁のシーリング補修を行っております。施工事例ページの作業報告写真に代わり映えしませんが、面積が大変大きな建物のため一つ一つの作業を丁寧に行っており、集中力と根気のいる作業ですので温かい目で見守ってください。 神奈川県伊勢原市 本社・工場ビル外壁改修工事のページ   シーリング材の重要性はこれまでにも何度かご紹介しておりましたので、今回はシーリング補修工事の流れについてご紹介致します。 <1>既存シーリング材の撤去 現在付いているシーリング材をカッターなどの工具を使用して綺麗に取り外していきます。劣化していてもしっかり接着している面はシーリング材がこびり付いて残ってしまう場合があり、少しでも残ってしまうと新たにシーリング材を充填しても浮いてしまい、剥がれの原因となるので注意が必要です。   <2>清掃 シーリング材を撤去した後にはその削りカスやホコリなど細かなゴミが残っているので、綺麗に取り除きます。これも新たに施工するシーリング材の密着性を上げる為の重要な作業です。   <3>ボンドブレーカー設置 シーリング材は施工されている目地の凹部3面に密着するよう充填されていますが、凹部が浅い場合や外壁材がALCやサイディングなど動きが大きい箇所には底面にボンドブレーカーというテープ状の材料を敷くことによってシーリング材が左右2面のみの接着になり、壁材の動きに柔軟に追従出来るようになります。   <4>養生 シーリング材がはみ出して周りを汚してしまわないようにマスキングテープで目地の両側を保護します。今回のブログ写真にも載っている紫色のテープがマスキング養生です。   <5>プライマー塗布 シーリング材が目地内部により密着するよう先に塗っておく接着剤のようなものです。塗り残しがあるとシーリング材が上手く密着できずに剥がれの原因となるため、こちらも重要な作業となります。   <6>シーリング材充填 新たにシーリング材を目地部分に充填していきます。多めに注入することによって奥までしっかり入れ込むことができ、中に空洞が出来てしまうのを防ぎます。 また充填後は専用のコテを用いて内部にシーリング材を押し込んでいき、表面が平たんになるよう整えていきます。完全に乾いてしまう前にマスキングテープを全て綺麗に剥がして、シーリングの打替え作業は官僚となります。 https://toso-kumazawa.com/contact/ (2020.07.30 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

西東京市にて付帯塗装を進めております|西東京・外壁塗装工事

付帯塗装工事が着々と進められています! 東京都西東京市にて行っております屋根・外壁塗装工事では、雨樋やエアコンダクトなどの付帯塗装が進められており、写真はシャッターボックスの2度塗りを行った後のものです。 付帯部や細かな箇所の塗装作業をしつつ外壁や屋根に塗料が飛んでいないか、塗り残しやはみ出しはないかなど確認をしながら行い、最後に養生シートを外していきます。この作業まで来れば外装塗装はほとんど終わりですので、清掃をしながら少しずつシートやネットを外してお引き渡しに向けてお住まいの周りも綺麗にします。 屋根・外壁塗装の作業風景は施工事例ページの下の方にまとめて写真を載せておりますので、是非一緒にご覧ください。 東京都西東京市 K様邸 屋根・外壁塗装工事のページ   当社では屋根や外壁の状態調査を無料で承っております。一般的に立てられてから15年以上経過した時点で塗装の劣化が始まると言われていますので、10年前後で一度点検されることをお勧めしております。 外壁に使用されている塗料やベランダ・バルコニー防水層の耐用年数は15年近くある場合が多いですが、太陽光のダメージが一番大きい屋根塗装や窓周りのシール材、今回のブログでご紹介している付帯部塗装も10年前後で劣化の症状が出てくると言われています。 劣化症状が出始めただけではすぐの補修が必要なわけではありませんが、周りの環境やその年の天候などによって少ししか傷んでいなかった箇所の劣化が加速してしまう場合があります。定期的な点検を行う事によって早めの対処ができるので、是非大切なお住まいや建物を長く安心して保てるよう状態確認を行いましょう。 https://toso-kumazawa.com/diagnosis/ ※外壁屋根診断は、建物の調査から補修が必要な場合の工事のご案内・費用の御見積り提出までが無料で行っている内容です。補修が必要ない場合には様子見として目安時期のご案内のみさせて頂いております。また、御見積りの際には必ずご契約頂く必要はございませんのでご安心ください。 (2020.07.30 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

高圧洗浄を開始しました|西東京市・杉並の熊澤建装

外壁塗装に向けて高圧水洗浄を行いました! 東京都西東京市にて始まりました戸建て住宅の屋根・外壁塗装工事では、外壁に付着したしつこい汚れやコケ・藻を落とすための重要な作業「高圧洗浄」を行いました。 以前から何度かお伝えしておりますが、建設業者が使用する洗浄機はものにもよりますがホームセンターやテレフォンショッピングでたまに見る洗浄機とは水圧が全然違い、誤って水を噴出しているところに手をかざしてしまうと手が切れてしまうほどかなり強い水圧で洗浄しています。 少ない量の水で確実にこびり付いた汚れを落とすにはこのくらいの威力が必要になりますが、それをちゃんと扱えるようにならなければホースごと飛んでいったりそれこそ怪我をしてしまいますので丁寧勝つ慎重に洗浄作業が進められます。 東京都西東京市の施工事例ページができました!N様邸 屋根・外壁塗装工事   今回外壁に使用する塗料は当社おすすめのハイブリッド塗料「アレスダイナミックMUKI」です。関西ペイント様が製造されているフッ素を超えた耐候性を持つというこの塗料ですが、優れているのは耐候性だけでなく、専用の強化材を使用することにより、本来苦手とする湿度の高い今のような梅雨時期や湿気の多い場所でも問題なく塗装できるという作業性にも大変優れております。 また、もう聞き慣れたかもしれませんが「ラジカル制御」技術により、太陽光による色あせや塗膜の劣化を防いでくれる特殊な性質を持っていますので、長期間の美観維持が期待できます。 詳しいご紹介を以前ブログにて記載しておりますのでもし気になられる方は是非ご覧ください! フッ素超えの耐久性「アレスダイナミックMUKI」の特徴をご紹介します   塗り替えだけでなくベランダ防水工事や屋根カバー工事など外装リフォームに関わる様々な施工を専門的に行っておりますので、ちょっとした補修やご相談のみでもお気軽にお問い合わせください。 小さな事だから、見えない部分だからと放置してしまったり適当な業者にお願いしてしまうと後々大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性も低くありません。(補修部分からさらに雨漏りしている、保証期間内に倒産していた等) 是非建物の補修のことなら国家資格を持った専門家のいる熊澤建装をお使い頂ければと思います。大切なのは現状をしり、工事の判断材料としてご確認頂き、そして他社様との違いを比較して頂くことです。 https://toso-kumazawa.com/contact/ (2020.07.29 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

屋根の上塗り完了!|伊勢原市の屋根塗装は熊澤建装へ

伊勢原市にて屋根塗装の上塗り作業が完了しました! 神奈川県伊勢原市にあります戸建て住宅の現場では、屋根塗装工事の最終工程「上塗り」作業まで無事完了致しました。大がかりな塗装はこれで終わりなので、あとは雨樋や破風などの付帯部分をどんどん塗り進めてまいります。 梅雨時期の着工は雨の都合で工事予定がずれてしまうと思われがちですが、どの順番にどのくらいの天候であれば何の作業が行えるかを全て計算し、日々天気予報とにらめっこしながら先の工程を現場監督が即時に組んでおりますので、大幅な遅延無く作業は迅速に進められております。 これまでの作業内容や仕様塗料のご紹介を施工事例ページに載せておりますので、是非一緒にご覧ください。 ★神奈川県伊勢原市 M様邸 外壁・屋根塗装工事   梅雨時期はもちろんこれからくる台風シーズンには屋根の雨漏りトラブルに関するご相談が大変多くなります。 皆様は定期的にお家や所有されている建物を建てた業者に点検を行って頂いてますか?多くの場合は10~15年に1度点検を行ってくれる業者が多いようですが、点検の日付が合わなくて行っていなかったり、30年の保証期間が過ぎてしまって以降点検されていないという方は要注意です。 屋根は立地によってはご自身で全く見えない部分にありますので、外壁の状態や玄関上などの下屋根の状態から予想で判断する必要があります。しかし、これまでに見えない部分での雨漏りトラブルとして、屋根棟の板金(大屋根のてっぺんに固定されている板金)が剥がれて飛んでいたり、屋根材同士の間に隙間が出来てしまっている場合などがありました。 https://toso-kumazawa.com/diagnosis/ 早めに気がついて対処が出来れば屋根材へのダメージも少なく、通常の補修工事のみで大丈夫ですが、長期間気がつかずにそのままにしていると屋根材ごと腐食してしまい、葺き替え(屋根材を全て取替える)工事が必要になる可能性が出てきます。 塗装工事に比べてかかる工事費用は10倍近くになることもありますので、築年数が30年くらいであればまだまだ屋根塗装にて維持して頂くことをお勧め致します。 屋根の調査だけで業者を呼ぶのは、、、と思われるかと思いますが、当社では外壁・屋根診断を無料にて行っております。まずは現状を知って頂き、補修時期の目安や補修方法のご提案など専門知識を持ったスタッフがご説明致します。必要ない場合には時期のみご案内させて頂き、その他ご不明な点などあればなんなりとお申し付けください。 https://toso-kumazawa.com/rainleaking/ (2020.07.29 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

付帯塗装を行いました|綾瀬市・外壁塗装は熊澤建装へ!

雨樋や破風などの付帯塗装を行いました! 神奈川県綾瀬市の現場では外壁・屋根塗装など大部分の塗装が完了し、雨樋や破風・シャッターボックスなど付帯部分の塗装を進めております。ちなみに写真は付帯部ではなく外壁の飾り部分です。 これまで現場ブログにてご紹介してきた作業写真は施工事例ページの下の方に写真のみまとめてありますので是非一緒にご覧頂ければと思います。 神奈川県綾瀬市の屋根・外壁塗装工事<施工事例ページはこちら>   こちらのお家は少しだけ配色変更のご要望があったため、カラーシミュレーションソフトを用いていくつかイメージ画像の作成を行いました。こちらは工事完了後の完成写真と比較出来るよう最後に施工事例ページに載せるようご用意しておきます! ご契約者様のみにはなりますが、当社ではカラーシミュレーション画像の作成や板見本(実際に塗料を板に塗った見本)を無料で作成しております。 板見本はメーカーに作成して貰うため枚数の制限を設けさせていたたいておりますが、シミュレーションは熊澤建装のスタッフが作成しますので上限なしに何枚でも作成が可能です。 特に配色をガラッと変更されたい場合にはイメージ画像を作成しておくことによって安心して配色を決めることが出来るので、周りとの調和やお住まい・建物の形との相性など様々な観点から配色を決めていくことが出来ます。 シミュレーションに関するご紹介ページでは、白いお家を黒や赤にしてみたイメージ画像がございますので、ぜひご参考になさってください。 https://toso-kumazawa.com/colorsimulation/ 熊澤建装は神奈川県秦野市からスタートした小さな塗装業者でしたが、ゼネコンやハウスメーカーの施工を多数させて頂いた後に、資格と知識を持ったスタッフと職人に分かれて全ての工事を一貫して社内で行えるよう努力した結果、皆様のおかげで秦野以外に厚木市・横浜市・杉並区の4箇所に営業所を展開し、神奈川・東京都内全域という広い地域にて6000件を超える外壁塗装・防水工事の実績を作ることが出来ました。 今後も神奈川、東京を中心により多くの実績を積み、公共工事も施工している在籍職人による高い技術と中間マージンのかからない適正価格にて多くの建物を美しく保てるよう努めて参ります。 お見積りはもちろん外壁診断や雨漏り調査も資格を持ったプロのスタッフが直接お伺いして調査致しますが、費用は一切頂いておりません。また、ご契約や工事を強制するようなことは決していたしませんのでご安心頂ければと思います。 リフォーム・防水工事に関するご相談やご質問のみでも是非お気軽にお問い合わせください。 https://toso-kumazawa.com/contact/ (2020.07.28 更新) 詳しく見る
最新情報現場ブログ

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。