熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > 川崎市・外壁改修工事|外壁塗装作業に入りました!

川崎市・外壁改修工事|外壁塗装作業に入りました!

最新情報現場ブログ 2020.12.15 (Tue) 更新

外壁塗装作業に入りました!

神奈川県川崎市にて行っております外壁改修工事では、タイルの補修が完了し、外壁塗装の作業に入りました!外壁塗装と行っても通常の外壁塗装ではございません。全面タイルの建物のため、タイルの下地部分を強化するための塗装を行っております。施工事例ページに掲載しておりますが、今回使用する材料は日本ペイントさん製造の「グラシィガード」を使用致します。

グラシィガードは、浸透性の高い特殊樹脂を使用することによって表面に塗膜を形成せず、タイル同士の隙間から見えるモルタルの目地に吸水防止層を作ります。塗膜を形成しないことによってタイルの風合いと意匠性をほとんど損なうことがなく、凍害やエフロレッセンス(外壁塗装で言うチョーキング現象のような内部物質が外に出てきてしまう現象)などの劣化要因を抑制し、外壁を守ることが出来ます。

 

【グラシィガードの大きな特徴】

  • 1,浸透性

モルタルの目地内部に深く浸透しやすく、強力な吸水防水層を形成します。

  • 2,吸水防止性

目地内部にしみ込んで形成された吸水防止層が、モルタル目地部から内部への水の浸入を抑制します。

  • 3,劣化要因の抑制

吸水防止層によって外部および躯体内部からの水の移動を抑制することで、凍害や塩害、エフロレッセンスに対して優れた効果を発揮します。

※凍害:内部の水分が外気温差や日射による影響を繰り返し受けることによって、凍結膨張圧によりひび割れが発生する現象

※エフロレッセンス:内部に含まれている可溶性物質が水分とともに表面に移動し、水分が乾燥することによって表面に白くこびり付く物質

 

タイルの補修作業やその他付帯部等の塗装作業の写真も施工事例ページに掲載しておりますので、是非一緒にご覧下さい!

【施工中】川崎市 S様邸 外壁改修工事

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。