熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > 綾瀬市・外壁塗装工事|ベランダ防水トップコートを行いました!

綾瀬市・外壁塗装工事|ベランダ防水トップコートを行いました!

最新情報現場ブログ 2020.12.15 (Tue) 更新

ベランダ防水トップコートを行いました!

神奈川県綾瀬市にて行っておりました屋根・外壁塗装工事がついに完工致しました!

足場の解体も終わり、無事お引き渡しでございます。なぜ写真がベランダ防水トップコートかといいますと、防水工事のトップコートは意外と見逃しがちで、放置しやすい箇所だからです。もちろん外壁塗装を行う際には一緒に状態調査を行いますが、「とりあえず見た目が良くなれば良いから」という理由で補修をされない方が多いのです!その結果、トップコートによる膜がなくなり防水層が壊れてしまうといつの間にかボロボロと表面の層が剥がれてきたり、最悪の場合雨漏りトラブルとなってしまいます。

【施工中】綾瀬市 N様邸 屋根・外壁塗装工事

今の時期は雨がほとんど降らず乾燥しているので「防水性がなくても平気でしょ!」と思われがちですが、冬には結露というカビの元が発生します。カビによる腐食やカビの繁殖はお風呂場やトイレのカビを見て頂ければ分かるとおり、一度発生するとしつこくこびり付いて何度も再発します。

今回行っている防水トップコートというのは、防水層はそのままで表面保護を行うための防水性のある材料を塗って膜を作っております。防水層自体は10年以上もちますが、トップコートは5年前後で劣化してきてしまうため、当社でも防水工事を行われたお客様には、5年前後でトップコートだけ塗ることをお勧めしております。決して過剰なお手入れ頻度ではなく、良い状態を長期間残しておくためには完全に劣化してしまう前のお手入れが重要なのです。

防水工事専門・熊澤建装の無料雨漏り診断

とはいえどなかなか5年に1回防水のお手入れが出来るかというと難しいかもしれません。なので、屋根や外壁塗装を行う10年に1度の防水検査は必ず行うようにしましょう!10年に1度でも少し遅いように感じますが、それでも15~20年放置してしまうよりは防水層の劣化も底まで進んでいない状態になりますし、状態が良ければトップコートの再塗装だけですみます。今回工事させて頂いたお家も防水層の状態が良かったためトップコートのみの施工でございます。

なにはともあれ定期的な点検と劣化状態の検査からお手入れに最適な時期がわかってきますので、建設業者さんでもハウスメーカーさんでも是非保証期間がある内に一度調査のご依頼をしてみてください。そして、もし補修費用が高かったり、保証期間が過ぎているようでしたら、調査から御見積りまで無料で承っている熊澤建装に是非ご相談ください!

外壁塗装・防水工事のご相談・お見積依頼

熊澤建装は東京・神奈川に3店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。