熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > アパートの足場組立を行いました|伊勢原市・足場仮設工事

アパートの足場組立を行いました|伊勢原市・足場仮設工事

最新情報現場ブログ 2020.09.23 (Wed) 更新

アパートの足場組立を行いました!

神奈川県伊勢原市にございますアパートの足場仮設工事を行いました。熊澤建装では足場部材を所有し、資格を持った足場職人が在籍しておりますので、足場の架け払いも承っております。足場のみの受注はもちろん、お住まいの外壁塗装工事やビルの外部改装工事にて必要となる足場も全て自社職人が行いますので、足場を建ててから改修工事、そして足場の解体までスムーズにスケジュールを組むことが出来ます。

ほぼ毎日戸建て住宅や各種建築物の足場組立を行っておりますが、随時足場部材を足していますので、「別現場の足場解体が終わるまで着工を待って欲しい!」ということもございません。個人のお客様も法人のお客様も塗装や補修作業が完了しましたら出来るだけ早くお引き渡しできるよう日程調整致しますので無駄な待ち時間を生まずにご案内が可能です。

↑ビルの足場仮設も所有している足場部材で仮設工事を行いました!

足場を組み立てる工事は一般的な戸建て住宅でも足場代として20万円近く発生します。補修や塗装作業を正確で丁寧に行うためにはしっかりとした頑丈でゆがみのない足場が必要になります。足場が不安定だと作業がしづらく、仕上りにも大きく影響します。

たまに「足場代を無料にします!」という業者もいるようですが、足場は組立の際に部材の落下や足場からの転落などにより大事故に繋がりやすい工程であり、安い金額で請け負ったために部材もまばらで簡易的な固定しかされていないような足場では、いくら注意していても転落事故が起こる可能性は大いにあります。

 

足場代=安全対策費のひとつです!決して「足場代割引」や「足場代無料」などと言う言葉にダマされてはいけません!

その無理やり行われた値下げ交渉が、多くの職人達を危険な目に遭わせる可能性があります。そして、危険な足場で作業された外装は決して綺麗な仕上りにはなりません。

↑公共工事の足場も自社内で組立を行っております!

当社で使用している足場は「KRH株式会社」から購入をしています。

昭和50年代半ばにクサビ式足場が誕生して以来、そのポテンシャルを最大限に活かすために製造や技術の向上をされてきたクサビ式足場の専門業者です。今ではKRHで製造されているクサビ式足場システムが業界の主流となり、マンションやビルのような高層建築物でも使用されています。

KRHでは製造からレンタル、足場工事自体も行っていますが、部材の購入をして熊澤建装内で最大限に使用できるよう確保してあります。

そして、足場仮設を行う職人は当社に在籍している足場主任者の教育を受け、資格を持った足場専任の職人が行っておりますので、質の高い足場部材を技術高い職人による工事で安心・安全な作業環境を作っています。

 

外壁塗装・防水工事のご相談・お見積依頼

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。