熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 塗装の基礎知識 > 【定休日のご案内】サイディング壁のメンテナンス方法!

【定休日のご案内】サイディング壁のメンテナンス方法!

塗装の基礎知識最新情報 2020.06.22 (Mon) 更新

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の熊澤建装です!

本日はホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます!

 

大変恐れ入りますが、昨日に引き続き本日もお休みを頂いております。

 

【定休日のご案内】

日曜休み:本部、工事部

月曜休み:本部、営業部

ホームページ内にありますお問い合わせフォームは、24時間365日受け付けておりますので、ご相談内容だけでもお送り頂きますと、週明け火曜日の朝9時~折返しご連絡させて頂きます。

また、お電話でのご相談につきましても、週明け火曜日の9時以降のご対応となりますのでご了承ください。

よろしくお願い致します。

 

定休日には外装リフォームに関わるお役立ち情報をお伝えしておりますので、ご参考になればと思います。

さて、本日は外壁のサイディングボートの張替えについてです!

 

近年多くの新築戸建ての外壁材に使用されているサイディングボードですが、素材にかかわらず30~40年が寿命と言われています。

つまり、定期的なメンテナンスを行っていても、30~40年たつと壁材としての耐久性を失ってしまうのです。

 

【サイディングの施工方法は2つ!】

★サイディング張替え

古いサイディングを全て剥がし、お好きなデザイン&素材の新しいサイディングを張り直します。

増張りよりも工事費・工事期間は長くなりますが、内部の防水シートや土台の状態確認が出来るため、強度や外観を元通り以上に回復できることが期待されます。

 

★サイディング増張り

古いサイディングの上から、新しいサイディングを張り付けます。

しかし、耐震強度を保つために主さのある窯業系サイディングは使用できず、ほとんどの工事で使用できるのは軽量な金属系サイディングに限定されます。

 

【メンテナンスの注意点】

・劣化してしまったサイディングは塗装し直しても塗料本来の性能が発揮できません。

 そのため、今のサイディングを残したい場合は早めのメンテナンスが必要です。

・窯業系サイディングの場合、浸透性強化シーラーというものを使って補強する方法もありますが、本来の強度が回復するわけではありません。

 

※昨日お伝えした屋根カバ-、そして本日お伝えしたサイディング張替えは、使用されている部材・劣化状態によって工事できない場合があります。

まずは今の状態でどのような工事ができるのか、どのくらいの予算がかかるかを明確にして、今後メンテナンスを行う際の参考になさってください!

 

サイディング張替え、外壁塗装の無料見積り相談はこちらから

外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私どもは、神奈川県の秦野市を中心に公共物件の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に地域の建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建やアパート等集合住宅の塗装をして欲しいとたくさんのお声を頂き、今では秦野市から厚木市、海老名市、横浜市、小田原市を中心とする神奈川県全域、そして東京、静岡、埼玉に塗装事業を展開しております。

弊社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装工事です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも我々の使命だと考えております。

ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら外壁屋根塗装&防水工事専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

外壁屋根塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。