熊澤建装の施工事例外壁塗装&雨漏り専門店 熊澤建装の施工事例

HOME > 熊澤建装の施工事例 > 屋根カバー工法 > 小平市 S様邸 屋根カバー・外壁塗装工事

小平市 S様邸 屋根カバー・外壁塗装工事

(2022.04.25 更新)
施工後施工後After
施工前施工前Before

小平市 S様邸 屋根カバー・外壁塗装工事 施工データ

施工住所小平市
施工箇所

屋根カバー工法外壁塗装

施工内容外壁塗装/付帯塗装/屋根カバー
使用材料外壁:グラナダフレッシュF、UVプロテクト4Fクリヤー

担当者より

東京都小平市にお住いのお客様より、お住いの外壁塗装・屋根カバー工事のご依頼をいただきました!屋根工事があり大掛かりな内容となりますが、弊社に工事のご用命をいただき誠にありがとうございます!

 

外壁にはモルタル(ジョリパット仕上げ)と一部木目調になっている部分があり、使用する材料も変更しております。

モルタル部分には菊水化学さん製造の【グラナダフレッシュF】を使用いたしました。

ジョリパット仕上げの外壁には付着性が強く適正のある塗料を使用しないと剥がれの原因となります。菊水化学さんはジョリパット仕上げ材の先駆者であり、塗り替え用として発売されたグラナダフレッシュシリーズの密着性の良さはもちろんのこと、ジョリパットならではの質感や風合いをそのまま生かして新築のような美しい仕上がりになります。

特に注目ポイントは「フッ素塗料」であることです。これまで高層ビルや大型施設でしかフッ素塗料を使用しないイメージがあったかと思いますが、大切なお住いをよりよく守りたいというお客様のご要望から戸建て住宅をフッ素塗料で塗装する事も大変多くなりました。

親水性にも優れているため、外壁に付着してしまった汚れは雨水が膜を作ることで洗い流すことができるようになりました。特徴である細かな凹凸に汚れがたまりやすいので、雨で落とせるのはとても便利でおすすめです!

 

木目調の外壁にはデザインを残すために透明の塗料を使用しております。日本ペイントさん製造の【UVプロテクト4Fクリヤー】です。

透明な外壁用塗料|UVプロテクトクリヤー(日本ペイント)

クリヤー塗装は名前の通り透明ですので、藻やコケが色素沈着してしまっている場合や、ひび割れが発生していて補修が必要な場合には、透けてしまうのでおすすめできません。もし今の外壁材のデザインを残したいとお考えの方は、汚れや色褪せが発生する前の早い段階で1度クリヤー塗装していただくことをお勧めいたします。

 

まだ塗装を検討されていない方も、「塗装時期はいつ?」「いくらくらい必要なの?」「今はどんな材料があるの?」などなど情報収集として先にご相談をいただく方も多くいらっしゃいます。実は見えていない屋根では塗装が剥がれてしまっているかもしれない、汚れなのか塗装が剥がれているのかわからない等のご相談も専門の診断士が点検させていただき、ご説明とアドバイスをさせて頂いております。

タイミングやご縁もありますし、無理に工事を進めるようなことは行っておりませんので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

外壁塗装専門・熊澤建装の無料外壁屋根診断

小平市 S様邸 屋根カバー・外壁塗装工事 施工写真

  • 外壁下塗り
  • 外壁中塗り
  • 外壁上塗り
  • 木目調クリヤー1回目
  • 木目調クリヤー2回目
  • 軒天上塗り2回
  • 付帯部上塗り2回
    破風
  • 付帯部上塗り2回
    雨樋
  • 付帯部上塗り2回
    笠木

熊澤建装は東京・神奈川に3店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。