熊澤建装の施工事例外壁塗装&雨漏り専門店 熊澤建装の施工事例

HOME > 熊澤建装の施工事例 > 付帯部分塗装 > 杉並区 S様邸 瓦棒・付帯部分塗装工事

屋根・外壁・付帯部分の塗装は屋根材、壁材・付帯設備の材料にあったものを使用します。

(2016.05.30 更新)
施工後施工後After
施工前施工前Before

杉並区 S様邸 瓦棒・付帯部分塗装工事 施工データ

施工住所杉並区
施工箇所

付帯部分塗装

施工内容瓦棒塗装、シャターBOX塗装

担当者より

S様邸は杉並区の静かな住宅街で、大正15年に建てられた①モダンな住居と②重厚なレンガタイルを合わせたお住まいです。

今回は①瓦棒(金属トタン)と ②シャターBOX(被膜の塩化ビニール)の剥がれの塗装のご依頼をいただきました。

 

材料は 

①金属ヤネ専用塗料と ②塩化ビニールを傷めない専用の塗料を使用しました。

 

当然のことですが

屋根・外壁・付帯部分の塗装は屋根材、壁材・付帯設備の材料にあったものを使用します。

又、

塗料の種類によって塗装回数・希釈率・塗装間隔(乾く時間)・塗装方法(刷毛、ローラ、吹き付け等)が決まります。

 

当社は

S様邸の外周陶器タイルやマンション・ビルなどのタイルの洗浄、タイル割れの交換、メジ割れの補修、下地のコンクリート補修も行っています。

 

S様 今後もよろしくお願いいたします。

付帯部分塗装のお見積りはこちらから

                                                                   by    栗原

 

熊澤建装は東京・神奈川に3店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。