熊澤建装の施工事例外壁塗装&雨漏り専門店 熊澤建装の施工事例

HOME > 熊澤建装の施工事例 > 外壁塗装 > 伊勢原市 N様邸 外壁塗装工事

伊勢原市 N様邸 外壁塗装

(2021.05.06 更新)
施工後施工後After
施工前施工前Before

伊勢原市 N様邸 外壁塗装工事 施工データ

施工住所伊勢原市
施工箇所

外壁塗装防水工事

施工内容外壁塗装/付帯塗装/シール/ベランダ防水
使用材料外壁:UVプロテクトクリヤー

担当者より

神奈川県伊勢原市にお住いのお客様より、戸建て住宅の外壁塗装&バルコニー防水工事のご依頼をいただきました!ありがとうございます!

今回外壁には日本ペイントさん製造の透明な塗料【UVプロテクトクリヤー】を使用いたしました!窯業系サイディングなど外壁に使用されているサイディングボード自体には様々な色味や模様が使用されていますが、塗装をするとなるとその模様を1色に塗り上げることとなります。もちろん心機一転で新しい色に挑戦されるのも手ですが、せっかく選ばれた外壁の模様を残したい!というお客様に朗報です!透明な塗料で通常の外壁塗装と同じように外壁材を保護することができます!

透明な外壁用塗料|UVプロテクトクリヤー(日本ペイント)

しかし、クリヤー塗装を行うには1点注意しなければいけないことがございます。それは、「経年劣化が進みすぎていると施工不可」ということです。もちろん本当に物理的にできないわけではありません。長年外壁材を守ってきた塗装は太陽や雨風によるダメージによって色褪せ、ひび割れ、こびりついた汚れなどたくさんの問題を抱えております。色褪せはどうすることもできませんし、ひび割れはシーリング材で補修をしてあげなければ雨漏りの原因になってしまいます。こびりついた汚れを無理やり削って落としてしまえば外壁材の強度が落ちてしまいますし、結果、透明な塗料では隠せない補修後や汚れがあると美観的によくないことから、施工不可ということであります。

ではクリヤー塗装をするにはいつ頃がおすすめなのか?それは建てられてから5~7年後あたりです!

劣化がそこまで進んでおらず汚れも少ない状態のギリギリのラインが7年目です。そのため、そこに到達する前にクリヤー塗装で一度保護してあげることによって、それ以降の外壁材へのダメージを軽減し、美しさをキープすることができます。『クリヤー塗装の目安は5~7年!』ぜひ覚えておきましょう!

クリヤー塗装はもちろん、外壁塗装やベランダ防水、さらにはもう少し大掛かりな屋根工事なども幅広く外装リフォーム工事を承っております。星の数ほどいるリフォーム業者の中から一つだけ選ばれるのはご心配なことが多いかと思いますが、相見積もりは当たり前!最低でも3社は工事費用の見積もりを取っていただき、金額だけでなく工事内容や使用材料、そして会社という組織自体に信頼がおけるものなのかを総合的に判断してください!

当社も相見積もり大歓迎です!他社と比較していただくことによって熊澤建装のよさがより伝わりやすいと思っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います!

外壁塗装・防水工事のご相談・お見積依頼

伊勢原市 N様邸 外壁塗装工事 施工写真

  • ●外壁塗装
    クリヤー1回目
  • ●外壁塗装
    クリヤー2回目
  • ●シール工事
    シーリング打替え
  • ●付帯塗装
    雨樋部
  • ●付帯塗装
    軒天井
  • ●ベランダ防水
    プライマー
  • ●ベランダ防水
    防水主剤2回

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。