熊澤建装の施工事例外壁塗装&雨漏り専門店 熊澤建装の施工事例

HOME > 熊澤建装の施工事例 > 木部・鉄部塗装 > 横浜市 店舗・ビル 設備塗膜防水工事

横浜市 店舗・ビル 設備塗膜防水工事

(2020.09.28 更新)
施工後施工後After
施工前施工前Before

横浜市 店舗・ビル 設備塗膜防水工事 施工データ

施工住所横浜市
施工箇所

木部・鉄部塗装ビル防水工事

施工内容ウレタン塗膜防水/鉄部塗装

担当者より

神奈川県横浜市にございます店舗・ビルの屋上の【電気設備】のウレタン塗膜防水工事を行いました。正確には電気設備の設置基礎部分のウレタン塗膜防水工事と、鉄部塗装工事です。

ビフォーアフター写真をとる向きが90度違いますが、基礎部分は360度塗膜防水工事を行っております。今まで設置箇所のシーリングのみが施されていましたので、劣化したシーリング材は全て撤去して新たに充填し直した後、防水工事という流れで工事を行いました。

 

当社では防水工事も得意とし、国土交通省の建設業許可を得て専門的に行っておりますので、戸建てのベランダからビルの屋上、そして今回のような部分的な防水工事なども承っています。

防水工事といってもその種類や範囲は多数ございますので、大型施設の防水工事はもちろん、部分的に防水加工をされたい場合や雨漏り補修も得意としています。とくに最近多いご相談が「去年の台風の影響で破損為ていた部分からの雨漏りが発生している。」という内容です。破損というのは屋根材や壁材の破損だけでなく、経年劣化が進んでいたシーリング材が強風や大雨によって破損してしまい、その隙間から雨水が浸入して雨漏りトラブルになってしまっているケースが多く見られます。

シーリング工事も防水工事の一貫です。外部からの水分の侵入を防ぎ、建物を守る重要な役割があります。戸建て住宅では窓周りや外壁材の繋ぎ部分、マンションやビルでは壁材パネル同士の繋ぎに多く使用されていますので、そういった箇所の防水補修工事もお任せ下さい。

 

今回防水工事を行った部分は形状も複雑で範囲も狭かったため一番施工しやすい「塗膜防水」をしました。ベランダやバルコニーにも使用できる防水工事で、他にはベランダや階段などで多く使用される「FRP防水」、屋上など広い範囲で使用される「シート防水」なども承っています。

それぞれ工事をする場所によって適した防水工事の方法が変わり、耐久性や費用の違いますので、お客様のご要望とご予算に一番適した方法にてご提案させて頂きます。

防水や雨漏りに関するご相談、調査、補修に必要な費用の御見積りまで無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい!

 

また、同じく電気設備の基礎部分から繋がっている鉄部の塗膜防水工事も行いました。表面は塗装が剥がれて全面にサビが発生しており、設置部との隙間にシーリング材が施されておりましたが、経年劣化によって縮んでしまい、ほとんど取れてしまっています。(ページ下部にビフォーアフター画像がございます。)

 

今回行った鉄部の防水工事の流れと致しまして、鉄部に何か塗る場合には必ず最初に「ケレン作業」を行います。ケレンとは表面に付着しているサビや汚れなど高圧洗浄では落ちないものを専用の工具やペーパーのヤスリを使用して削り落とす作業を指します。

とくに鉄部の塗装や防水加工をする前に行う事が多いですが、木製でできた破風や柱などの塗装や汚れを落とす際にも「ケレン作業」を行います。この作業をしないと塗料や防水材が下地に密着することが出来ず、すぐに浮いてしまったり剥がれてしまう可能性が大変高いです。

 

下地の状態を良くすることを「下地調整」「下地処理」といい、高圧洗浄やケレン作業などもこのなかに含まれます。要はこれから行う工事に適した状態へ仕上げる作業をまとめて下地調整や処理と言っています。外壁塗装や防水工事の見積りを取られる際に、この項目があるかないかはしっかり確認しましょう。

下地処理は使用されている部材や施工されている工事内容によって方法がかわり、初回に建物を調査する調査員や実際に工事を行う作業員の知識と技術によって仕上りと持ちに大きく関わります。下地調整の内容や範囲を誤って判断してしまうと追加で費用が発生する場合もあれば、不足分を他でまかなおうとして別の部分でいい加減な処理をされてしまう可能性もあります。とくにケレン作業は手作業を行われるため、知識も技術もないものが行うと不十分であったり、逆に下地自体を傷付けてしまう恐れもあります。

 

ケレン作業にて表面のサビは異物などをすべて綺麗に削り落としたら、細かなチリやホコリの清掃をして錆止めを塗装します。先ほどの施工前の写真をみていただくとわかりやすいですが、サビは一箇所発生すると短期間でドンドン周りに浸食してしまいます。また、今回の場合は見た目の割には鉄部の腐食が進んでいなかったためケレン作業と塗装による補修ですみましたが、さらに放置してしまうと部材内部に浸食しはじめて最終的に穴が空いてしまったりぽろぽろと崩れてきてしまいます。

そうなってしまう前に大量のサビを見てお手入れされる方がほとんどなので大丈夫かと思いますが、出来れば部材への直接的ダメージを低減させるためにサビも増えてきてしまう前にすぐにケレン作業で取り除いていただき、錆止め・塗装による保護をするよう定期的なお手入れをするよう心がけましょう。

 

熊澤建装では建物の調査から補修やお手入れに必要な工事費用の御見積りまで無料で承っております。資格を持った外装リフォームのプロが直接検査した上でその結果のご報告から折れ入れ方法のご提案などを致します。また、ご相談のみでも構いません!これまでゼネコンやハウスメーカー、公共事業にて施工してきた豊富な実績と知識がございますので、お住まいやアパート・マンションなどの集合住宅、事務所や工場など造りが少し特殊な建物でもご対応可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

施工前施工前Before
施工後施工後After

横浜市 店舗・ビル 設備塗膜防水工事 施工写真

  • 防水工事
    既存シーリング材の撤去
  • 防水工事
    プライマー(下塗り)
  • 防水工事
    ひび割れ補修
    シーリング打替え
  • 防水工事
    防水主剤2回
  • 防水工事
    トップコート
  • 鉄部塗装工事
    既存シーリング材の撤去
  • 鉄部塗装工事
    錆止め
  • 鉄部塗装工事
    シーリング打替え
  • 鉄部塗装工事
    上塗り2回

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。