熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 塗装の基礎知識 > ★下塗り材<プライマー・シーラー・フィラー>の違いとは!?

★下塗り材<プライマー・シーラー・フィラー>の違いとは!?

塗装の基礎知識 2020.05.17 (Sun) 更新

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の熊澤建装です!

弊社のホームページにお越し頂きまして、誠にありがとうございます。

 

恐れ入りますが、本日は弊社本部、工事部(職人)がお休みを頂いております。

日曜休み:本部、工事部

月曜休み:本部、営業部

お問い合わせフォームは24時間365日受け付けておりますので、宜しければフォームよりお送り頂ければと思います!

週明け火曜日以降にはなりますが、順次ご案内させて頂きます!!

 

それでは!今回は、塗装の下塗りとして使われる「シーラー」「プライマー」「フィラー」の違いをご紹介します!

 

  • プライマー

プライマーは「初め」という意味もあり、外壁塗装する際に最初に塗る塗料をさします。

また、塗装の付着性を高めるためのものなので、下地に直接塗装する塗料のことを言います。

つまり下塗り材はいくつか種類がありますが、それらひっくるめてプライマーなのです!

「下塗り材を格好良く言うとプライマー」だと覚えて頂くと簡単ですね♪

 

  • シーラー

コンクリートや木材など、吸収性のある下地材は上塗りする塗料を吸い込んでしまいます。

この吸い込みを防ぐため、また、上塗り材との密着度を高めるための接着剤として使用されるのがシーラーです。

外壁塗装にも屋根塗装にも下塗り材として使用します。

シーラーには水性タイプと油性タイプの2種類が有り、

・水性タイプ⇒浸透性が低く、外壁の損傷があまりない場合に使います。

・油性タイプ⇒浸透性が高いため、外壁の損傷がひどい場合に使います。

 

  • フィラー

外壁材がモルタルを使用しており、ひび割れなどがある場合に使われることが多いです。

また、下地に凹凸がある場合にはそれを平にする際に使用したり、模様付けをするために厚塗りする場合もあります。

 

 

以上、下塗り材のご紹介でした!

下塗りは下地材への吸い込みを防ぐ、塗装のムラをなくす、上塗り材の密着度を高める等、とても重要な役割がございます!!

お住まいの部材や状態を見極めて、どの下塗り材が最適かも診断士の資格を持ったベテランスタッフがご提案致しますので

塗料に関するご相談やお問い合わせも是非お気軽に後連絡ください♪

外壁塗装・屋根塗装のお見積りはこちら

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。