熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 塗装の基礎知識 > ★外壁塗装のトラブル・失敗しないポイント

★外壁塗装のトラブル・失敗しないポイント

塗装の基礎知識 2019.03.25 (Mon) 更新

 

本日は弊社本部、営業部がお休みを頂いております。

日曜休み:本部、工事部

月曜休み:本部、営業部

お問い合わせの方は、恐れ入りますがお問い合わせフォームよりご用件をお送り頂くか、

火~土(9001800)にご連絡頂きますよう、お願い申し上げます。

 

今日は外壁塗装をするにあたって、失敗しないためのポイントをご紹介します!

 

■なぜ、屋根や外壁はトラブルが多いのか?

1,お家で一番過酷な環境にいるのが「外壁」です。

トラブルの原因は強い雨風や台風だとお考えの方が多いかと思います。しかし、実は太陽光でのダメージによるものが一番多いのです。常に紫外線にさらされている為、いつの間にかトラブルになっているケースがほとんどです。

2,外壁塗装には耐久年数があります。

一般的に15年に1度塗り替えをしなければいけません。その耐久年数を過ぎてしまうと、ひび割れから雨漏りや腐食が始まってしまいます。表面上はよくわからなくても、細かな傷やひび割れが日々増えています。

3,新築時のコストダウンが原因の可能性もあります。

新築のコストダウンする際に最初にすることが外壁材とされており、劣化が進みやすい可能性があります。

 

■施工業者選びのポイント

1,実績が多い会社を選ぶ。

 これまでどのような工事をしてきたのか、経験と実績が重要です。

2,塗装の「専門店」を選ぶ。

 リフォーム業者ではなく、塗装専門店に注文しましょう。

3,自社職人が多く在籍している会社を選ぶ。

 職人が少ない会社は中間業者を通じて工事をするので、その分コストもかかります。

 

 

以上、外壁塗装で失敗しないポイントをご紹介しました!

昨年9~10月の大雨や台風により、もしかしたら外壁や屋根の劣化が進んでしまっている可能性があります。

そのままにせず、お時間ある際には定期的に診断・メンテナンスを行いましょう。

 

今後も本部がお休みの日・月曜は塗装に関する情報を簡単にお伝えします!

外壁塗装、屋根塗装に関するご相談はこちら

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。