熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 塗装の基礎知識 > 【本日定休日】塗装業者の選び方についてポイントをおさらい

【本日定休日】塗装業者の選び方についてポイントをおさらい

塗装の基礎知識最新情報 2021.05.10 (Mon) 更新

※本日は定休日です。フリーダイヤルおよび各営業所のお電話での受付を一時休止しております。恐れ入りますが、御見積りや柿酒ご相談、お問い合わせはホームページ内にございますお問い合わせフォームをご利用下さい。

 

ポイント① 地元で施工実績がある県指定業者の塗装専門店を選ぶ!

神奈川・東京実は神奈川・東京で塗装をご検討されている方の多くは「外壁塗装や屋根塗装をする会社の選び方が分からない」というお悩みをお持ちです。

塗装会社を選ぶ際にどのような基準を持って選べばいいのかをアドバイスさせて頂きます。

ポイント② まず地元密着の会社をピックアップしましょう

地元地域密着の会社に頼むことを検討してください。その理由はアフターフォローです。保証を出していることは前提条件として、その保証は、万が一施工不良が起きた時の保証です。地元密着でない会社であれば、職人を手配することも難しく、すぐに対応するケースはまれです。熊澤建装は地元密着で営業を行っておりますので、万が一問題があればすぐに訪問し、その場で施工を行い、対応致します。

次にその会社の施工実績をご確認ください。施工実績=会社のノウハウ、技術です。そして外壁塗装はお客様にとっては安くない買い物ですので、できるだけ気持ちいい仕事をしてくれる会社を選びたいものです。施工実績の件数や内容、施主様のコメントなどをしっかりと見て、良い仕事をしてくれる業者なのか確認しましょう。

最後に「県指定業者」になっている企業かをご確認下さい。県の指定業者になるためには徹底品質管理のもと高度な技術と安心の施工をお届けしないといけませんので、業者選びのわかりやすい目安となります。

ポイント③ 外壁塗装は「塗装の専門会社」へ!

最近はリフォーム会社が外壁塗装をするケースが増えております。外壁塗装や屋根塗装というのは、良い塗料を使えば長持ちする塗装ができるわけではなく、腕の良い、確かな技術を持った塗装職人が正しい知識の下、丁寧に塗り上げるからこそ品質の高い塗装ができます。それがリフォーム会社だとどうでしょうか?

リフォーム会社では施工が下請けに丸投げされ、お客様の要望がしっかりと現場まで伝わらないことが多々あります。またどのような職人が来るのか、そして教育が行き届いているかを確認する術はありません。なので仕上がりへの不満はもちろん「職人の態度が悪い」などのトラブルが発生する可能性が高いのです。

私たち熊澤建装では経験豊富な自社職人による施工を行います!誰がどの現場に行き、どのような仕事をしたかを徹底管理。もちろんお客様や近隣の皆様に不快な思いをさせることがないよう、マナーやしつけ教育にも力をいれています。

熊澤建装の会社案内はこちら

ポイント④ 自社職人で国家資格1級塗装技能士を保有している塗装会社を選びましょう

最後に、塗装会社ならどこでも良いという訳ではありません。必ず「自社職人が国家資格1級塗装技能士の資格を保有している塗装会社」に頼みましょう。国家資格1級塗装技能士は塗装職人唯一の国家資格で、一定の経験年数や技量を持った職人でないと取得できない資格です。塗装会社の技術力を計る基準となります。

その際には「おたくは1級塗装技能士は何人いらっしゃるのですか?」と聞いてみましょう。そこで「専属の職人は持っている~」「技術があるから必要ない~」「1級塗装技能士より外壁診断士(民間資格)の方が~」といった回答をされる塗装会社さんは選ばない方が良いでしょう。

前述の通り腕の良い、確かな技術を持った塗装職人が正しい塗料・施工知識の下、丁寧に塗り上げるからこそ品質の高い塗装ができます。塗装は半製品です。買ったら同じ品質というものではないからこそ「塗装職人ありき」で考えられる会社を是非お選び下さい。

 

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。