熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > 相模原市・ビル改修工事|下塗り作業2回目に入りました!

相模原市・ビル改修工事|下塗り作業2回目に入りました!

最新情報現場ブログ 2021.02.19 (Fri) 更新

外壁の下塗り作業を行っております!

神奈川県相模原市にて行っておりますビルの外装改修工事では、シール工事(シーリング材の打増し、先打ち)が完了し、下塗り作業に入っております。今回は壁材自体に塗料の吸い込みが多いと考えられたため、下塗り材を2回塗っております。上塗り材はそのままですと外壁に密着しづらく、間に下塗り材を挟んであげることによって協力に密着することが出来るため、塗料のが外壁に吸い込みやすく、下塗り材の効果が上手く発揮出来ない場合には下塗り材自体を2回塗り重ねる必要があるのです。

下塗り材を2回行うことはその分材料費や手間がかかります。しかし、塗料が密着できないと綺麗に仕上げても数年で塗装が剥がれてきてしまうこともあり、塗料本来の保護性能や防水性を発揮することも出来なくなってしまいますので、しっかりと下地(外壁)の状態を仕上げてから塗装に入ることが重要なのです!

これまでの作業写真を施工事例ページにまとめておりますので、是非一緒にご覧下さい!

【施工中】相模原市 ビル 外壁改修工事

当社はハウスメーカーや不動産屋さんより委託を受けて毎月多くの現場を施工させて頂いております。メーカーの保証がある場合や管理会社の都合がある場合には経由していただいた方が安心ではございますが、結果的に実際に工事を行うのは職人を抱えた専門業者が行います。

熊澤建装では工事を行う職人が在籍しておりますので、他業者が入る場合に発生してしまう中間マージン(経費や手数料等)を抑えることが出来、アフターサポートまで一貫して自社内で行っておりますので連携のとれたスムーズなご対応が可能です。建物の状態調査や雨漏り検査、補修工事費用の見積作成まで無料で行っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

外壁塗装・防水工事のご相談・お見積依頼

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。