熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > 【本日定休日】相模原市・外壁改修工事|シーリング材の打増し…

【本日定休日】相模原市・外壁改修工事|シーリング材の打増し作業中!

最新情報現場ブログ 2021.02.15 (Mon) 更新

【本日定休日】毎週日曜日・月曜日は弊社の定休日とさせて頂いております。定休日はお電話での受付を一時休止しているため、フリーダイヤルにお電話頂きますと留守番電話サービスに繋がります。恐れ入りますが、ご用件の録音をお願い致します。また、ホームページ内にありますお問い合わせフォームは24時間365日受け付けておりますので、よろしければ合わせてご利用ください。

外壁塗装・防水工事のご相談・お見積依頼

シーリング材の打増しを行っております!

不動産会社様よりご依頼頂きました神奈川県相模原市にありますビル外壁改修工事では、シーリングの充填作業に入りました!上の写真ですと、白いラインが入っている部分がシーリング材を打増しした部分です。

今回は既存のシーリング材を撤去してから新たに設置する「打替え」ではなく、既存のシーリング材の上から重ねて設置する「打増し」の方法で行います。戸建て住宅で外壁にサイディングボードを使用している場合は多くの箇所でシーリング材が使用されていますが、シーリング材の上に塗装がされていないため劣化が早く、お手入れの際には防水性を徹底させるために打替えを行う事がほとんどです。

しかし、今回のビルのように外壁にALCパネルが使用されている場合、多くはシーリング材の上に塗装が施されています。塗膜で守られているため耐久性は多少高いですが、シーリング材が劣化して縮んでしまうと塗膜と一緒に中へ沈んでしまい、塗膜の劣化も相まって表面がひび割れてしまいます。

ALCパネルはパネル自体も分厚く丈夫に作られておりますが、その分溝が深いため必要となるシーリング材の量も多く、撤去の手間も多いため打ち替えとなるとかなり費用がかかってしまいます。そのため、よほど大きなひび割れが発生していない限り、ALCパネルに施すシーリング材の補修は「打増し」を行っております。

施工事例ページにてビルやアパート、公共施設等、許可を頂いた現場の作業写真や工事内容のご紹介を行っております!ちょっとした補修から大がかりな改修工事まで幅広く承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

外壁塗装専門・熊澤建装の無料外壁屋根診断

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。