熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > 平塚市・外壁塗装工事|塗装作業の写真をまとめてご紹介!

平塚市・外壁塗装工事|塗装作業の写真をまとめてご紹介!

最新情報現場ブログ 2020.12.12 (Sat) 更新

塗装作業の写真をまとめてご紹介致します!

神奈川県平塚市にお住まいのお客様よりご依頼頂きました外壁塗装・屋根カバー工事では、作業写真の共有が職人⇒現場管理者の間で止まっていたらしく、やっと!まとまって私の方にきました!ご紹介が遅くなりまして申し訳ございません。一番最初に貼った写真は外壁塗装完了後でございます。

現在既に屋根カバー工事と塗装作業はほぼ全て終わり、これから新しいシーリング材を設置するところでございます。また、この作業が終わりましたら足場を解体し、最後に土間工事を行います。土間工事の詳細ですが、現在駐車場の隣がお庭のようになっておりまして床が土でございます。それを駐車場と同じようにコンクリートにして、間にある段差も撤去します。コンクリートは固まるまで少し時間がかかり、今の時期ですと結露が出来やすかったり日が短いのもあるので、1週間ほど乾燥期間を設けて頂くようお願い致しました。

↑外壁塗装後その2

1階と2階で壁材のデザインが違うため、そこで色分けを行っております「新築時の外壁の色に出来るだけ近い色」とのご要望でしたので、職員が色合わせでお伺いし、いくつか候補の色をご案内致しました。その後、「板見本」という実際に塗料を板に塗った見本からお選び頂いた色で塗装しております。

↑屋根カバー後

写真が大分分かりづらくてすみません。ガルバニウム鋼鈑の屋根材を既存の屋根の上に被せる「カバー工法」を行いました。元々の屋根材が塗装できない材質で、さらに複数箇所で屋根材の破損が見られたため、今回カバー工法となりました。雨がしみ込んでふやけるとポロポロと砕けてしまうほど劣化が進んでおりましたので、今回は錆に強く頑丈で軽量のガルバニウム鋼鈑に致しました。

↑付帯塗装

写真は雨樋の拡大写真です。毎度思いますが雨樋や雨戸の塗装を行うと、新品に取替えたかのように綺麗になります。ご自身でやろうものならゴミが付いて凹凸ができてしまったり、刷毛やローラーの塗り跡が残ってしまったり、留め具などの細かな部分では塗料がはみ出てしまったり、簡単そうに見えて実は難しいと思っておりました。

そこはさすが膨大な件数の建築物を塗装し、様々な研修か講習を受けているだけあって仕上りが本当に綺麗です。ありがとうございます。見ているこちらも気持ちが良いですよね!わかります。

 

施工事例ページでは全ての写真をまとめております。使用した塗料のご紹介などもございますので、是非一緒にご覧下さい。

【施工中】平塚市 T様邸 外壁塗装・屋根カバー工事

外装や雨漏り調査、無料の御見積り相談はこちら▽

外壁塗装・防水工事のご相談・お見積依頼

熊澤建装は東京・神奈川に3店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。