熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > 川崎市・外壁改修工事|タイルの打診調査を行っております!

川崎市・外壁改修工事|タイルの打診調査を行っております!

最新情報現場ブログ 2020.11.24 (Tue) 更新

タイルの打診調査を行いました!

※叩いて割ったわけではなく、割れている部分と打診棒をお披露目したくてこのセット写真でございます!

神奈川県川崎市にお住まいのお客様よりご相談頂きましたお住まいの外壁改修工事にて、外壁が全面タイル貼りのため、打診棒を使用しでタイル浮きの調査を行いました。全面のタイルを一枚一枚確認しますので1日では終わらず数日かかりますが、確実なタイル補修をする為の重要な作業ですので細部まで気を抜かずに確認を行います。

タイルにひび割れが発生していたり剥がれてしまっていればわかりやすいですが、タイルが浮いているかどうかは見るだけでの判断は難しいです。目地部分に大きな亀裂があれば浮いているかもしれないと判断は出来ますが、全く外傷無くても下地の経年劣化や長年の外的ダメージによってタイルが浮いてしまっている場合があります。

外壁塗装専門・熊澤建装の無料外壁屋根診断

そんな分かりづらいタイルの調査をするために使用されるのが【打診棒】という最初の写真に写っている金属製の棒に丸い球がついている道具です!

調査の際は全てのタイルを力強く叩いては傷付けてしまいますので、球部分をタイルの壁に滑らせるようにします。すると、タイルが浮いている場合には打診棒が当たったときの音が軽く鳴りますので表面上問題が無くても浮いているという判断が可能です。

先ほどの写真の続きですが、タイルの破損が見られたところを触ってみると・・・

ぼろっとタイルの破片がとれてしまいました。また、接着面の下地部分もかなり凹凸があり、このままでは上から何を足しても補修にはなりません。浮いているだけでタイルに破損がない場合には下地補修を行って再度タイルの設置を行いますが、タイル自体が破損為てしまっている場合には同じタイルを探して新たに取付ける必要があります。

今回下地や目地部分の補修と、破損しているタイルは全て交換致しますので、随時その様子を現場ブログにてご紹介したいと思います!作業写真のまとめは施工事例ページにございますので、まだ写真は少ないですが随時更新致します。

【施工中】川崎市 S様邸 外壁塗装工事

 

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。