熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > 【本日定休日】関西ペイント:アレスダイナミックルーフのご紹介

【本日定休日】関西ペイント:アレスダイナミックルーフのご紹介

最新情報 2020.11.23 (Mon) 更新

熊澤建装のホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます。

本日定休日の為、お電話での受付を一時休止しております。フリーダイヤルへお電話頂きますと留守番電話サービスへ繋がるようになっておりますので、よろしければご相談内容の録音をお願い致します。また、ホームページ内にありますお問い合わせフォームは24時間365日受け付けております!お客様情報やご相談内容が沢山記入頂けるようになっておりますので、こちらも合わせてご利用頂ければと思います。

外壁塗装専門・熊澤建装の無料外壁屋根診断

※年内での塗装・防水工事の受付を終了させて頂きました。沢山の工事のご用命を頂き、誠にありがとうございます。年明け1月以降でも天候や環境が整えば工事は問題なく可能ですので、ご予約頂きましたお客様から順次ご案内させて頂きます。よろしくお願い致します。

 

太陽光に強い!

シリコン塗料【アレスダイナミックルーフ】のご紹介

 

アレスダイナミックルーフの特徴

★ラジカル制御技術の採用による、

 最上位品フッ素塗料に迫る高耐候性

★強靱な塗膜による優れた耐久性

★親水化技術の採用による超低邸汚染

★校正のシリコンレジンによる超光沢で

 艶が長持ち

★防カビ・防藻

★窯業系・金属系どちらの屋根材にも塗装可能

 

窯業系 下塗り:アレスダイナミックシーラーマイルド

金属系 下塗り:アレスダイナミックプライマー

 

 

<関西ペイントが定めている塗装仕様について>

■化粧スレート、波形スレートの場合

1,下塗り:アレスダイナミックシーラーマイルド(透明)

  表面の汚れや浮いた塗膜を高圧洗浄機やワイヤーブラシなどで綺麗に取り除き、水分がなくなるまで充分に乾燥させた後に塗装する。屋根材の劣化具合によっては下塗り材の吸い込みが多い場合があるため、その際には下塗り材を2度塗り重ねる。塗装後は4時間以上の乾燥時間を設けること。

2,中塗り:アレスダイナミックルーフ

  下塗り後、7日以内に上塗り材1回目の塗装を行うこと。

3,上塗り:アレスダイナミックルーフ

  中塗り後、7日以内に上塗り材2回目の塗装を行うこと。

 

■金属屋根の場合

1,下塗り:アレスダイナミックプライマー

  表面の汚れや浮いた塗膜、サビなどを電動工具やサンドペーパーなどで綺麗に取り除いてから塗装する。下塗りは1回のみで塗装後は4時間以上の乾燥時間を設けること。

2,中塗り:アレスダイナミックルーフ

  上記同様

3,上塗り:アレスダイナミックルーフ

  上記同様

 

<太陽光から素材を守る4つの技術>

劣化の一番の原因太陽光、そして太陽光のうち紫外線によって塗膜は劣化します。塗料に含まれる顔料の中には「酸化チタン」という物質が含まれており、この物質が紫外線に当たることにより塗膜を破損させてしまう「ラジカル」というものが発生してしまいます。顔料は着色するための原料ですし、それを定着させるための酸化チタンですので、塗料にこれらの物質を含めないということはできません。

関西ペイントが独自開発したのは、顔料の成分はそのままで、紫外線が当たることによって発生するラジカルを【抑制】することに着目した技術です。ラジカルの発生と活動を抑えるために生み出された4つの技術がこちら!

  • 高性能シリコンレジン

超強力な結合エネルギーを持つ国産の「高性能シリコンレジン」によって、顔料内に入り込もうとする紫外線をブロックします。

  • UVトラップ

先ほどの高性能シリコンレジンをすり抜けてしまった紫外線を無害化します。

  • ラジカルバリヤコート

酸化チタンを囲うようにバリヤすることで、紫外線が酸化チタンに到達することを阻止します。

  • HALSラジカルキャッチャー

極微量すり抜けた紫外線によって発生してしまったラジカルは、このHALSキャッチャーで捕獲し、ラジカルを包み込んで無害化します。

 

さらに!セラミック成分が屋根塗装の表面を親水化することで、雨水が汚れの下を通過できるようになっています。「親水化」というのは、通常水をガラスや金属の上に垂らすと丸い水滴が残りますよね。これは表面が水をはじく「疎水化」という状態にあるため、水が丸く残ります。

親水化というのはその逆で、はじくわけでもしみ込むわけでもなく表面に薄く平べったく馴染む状態のことを言います。雨が降ることによって雨水の膜が作られるようなイメージです。この親水化されることによって汚れと外壁の間に雨水が入り込み、浮いた汚れが雨水と一緒に流れ落ちるという仕組みなのです!

 

こちらの塗料はベースがシリコンですが、更に耐候性・耐久性を求める方、そして1度のお手入れで長く持たせたいという方にお勧めな「ハイブリッド塗料」もございます!何と何のハイブリッドかと申しますと・・・詳しくは専用ページ【アレスダイナミックルーフMUKI】をご覧下さい!

その強靱な塗膜は従来のフッ素塗料を超越したとも言われている(関西ペイントさんがそう言っている)ほどの高い耐候性と耐久性がございます。今回ご紹介したシリコンバージョンと同じく「ラジカル制御技術」も搭載しており、さらにハイブリッド化させたことによって超高耐候性が実現致しました。

 

シリコンか、ハイブリッドか、どちらを選ばれるかはお客様のご要望、ご都合、ご予算によっておすすめしたいポイントも変わりますので、まずはご参考までにご覧頂ければと思います。また、今回お勧め致しました塗料による屋根塗装工事のお見積りを無料で承っております!屋根の状態によって必要な補修や下地処理が変わってきますので、基本的には必ず状態の確認をさせて頂きます。

御見積りに関しましては状態とお客様のご要望に最善の案をご提案致しますが、必ずしもその内容でご契約をしていただかなければいけないということではありません!まずはお手入れの予算がどのくらい必要なのか、他の業者とどのくらい金額が違うのか、などなど検討材料の一つとしてご参考になればと思います。

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。