熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 塗装の基礎知識 > 【本日定休日】外壁塗装のおすすめ塗料まとめ!

【本日定休日】外壁塗装のおすすめ塗料まとめ!

塗装の基礎知識最新情報 2020.11.09 (Mon) 更新

熊澤建装のホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます。毎週日・月曜日が定休日の為、本日お休みをいただいております。フリーダイヤルでのお受け付けを一時中止しておりますので、恐れ入りますが留守番電話サービスへの録音、もしくはお問い合わせフォームよりご依頼内容をお送り頂ければと思います。

ご返信は明日の9時以降、順次ご対応致します。よろしくお願い致します。

外壁塗装・防水工事のご相談・お見積依頼

さて、本日は熊澤建装の自社職人が直接工事を行う外壁塗装の価格についてご紹介致します!塗料をお選び頂く際は外壁の状態やお客様のご要望・ご予算からある程度絞っていくのですが、工事金学に大きく関わるのが使用する塗料のグレードです。お察しの通り安い材料(アクリル・ウレタン)は早く劣化しますし、高い塗料(ハイブリッド・フッ素)は耐久性が高く、長期間の維持が可能です。

また、当社では日本を代表する国産の大手塗料メーカー「日本ペイント」「関西ペイント」「エスケー化研」などの塗料のみ使用しておりますので、輸入品や独自開発の実績が浅い塗料は一切使用しておりません。職人の技術だけでなく塗料もこだわりを持って選定し、ご提案為ておりますので、是非今回ご紹介する塗料もご参考になればと思います!

 

【外壁塗装工事 塗料別工事価格】

 

★ご依頼率1位 「ハイブリッド塗料」による外壁塗装工事

概算工事価格:62.8万円~

耐久年数:15年~ 保証期間:8年~

まさかの外壁塗装メニューにないハイブリット塗料ですが、最近のご依頼率はハイブリッド塗料での外壁塗装が圧倒的に高いです。

メニューページが無いので、お勧め塗料ページにてご紹介とさせて頂きます。

おすすめハイブリット塗料⇒アレスダイナミックMUKI(関西ペイント)

人気No,1!ハイブリッド塗料「アレスダイナミックMUKI」とは?

 

ご依頼率2位のシリコン塗料も同じアレスダイナミックシリーズから出ていますので、そちらのご紹介ページも載せておきます!

おすすめシリコン塗料「アレスダイナミックTOP」のご紹介!

 

 

★ご依頼率2位! 「シリコン塗料」による外壁塗装工事

概算工事価格:54.8万円~

耐久年数:12年~ 保証期間:8年~

外壁塗装のメニューと違う!!とお思いの方、すみません。

外壁塗装メニューはホームページ作成初期に作ったままになっておりまして、近日中に差し替えます。誠に申し訳ありません。

 

最近のシリコン塗料は以前よりももっと性能が良くなり、耐久性・コストパフォーマンスに優れております

先ほどお勧めしましたが、関西ペイント様のシリコン塗料「アレスダイナミックTOP」は太陽光に強く、湿地面でも施工ができ、そして費用も抑えられるという素晴らしさでございます。

もちろんハイブリッド塗料やフッ素塗料と比較すると耐久年数は下がりますが、戸建て住宅の塗り替えでコスパ重視であれば、シリコン塗料はおすすめです。

 

 

★ご依頼率3位! 「フッ素塗料」による外壁塗装工事

概算工事価格:69.8万円~

耐久年数:15年~ 保証期間:10年~

以前は堂々1位のフッ素塗料でしたが、最近主流化してきたハイブリッド塗料や、性能が向上したシリコン塗料の製造により、3位となりました。

大型の高層ビルやマンション等で長年使用されてきているので、耐久性に対する信頼と実績は1位でございます。

ですが、戸建て住宅の塗り替えではベランダやバルコニーの防水性や、雨樋や破風など付帯部分の塗装が劣化し始めてしまうと、一緒に塗替えた方が管理も楽で費用も抑えられるという観点から、あまり使用される方が少ないというのが現状です。

フッ素塗料は外壁よりも劣化の早い屋根塗装で選ばれる方が多く、熊澤建装でも塗料選択される際には

外壁⇒ハイブリッド塗料

屋根⇒遮熱フッ素塗料

という組み合わせでご依頼頂くことが一番多いです。

 

 

お見積りの際には、この3種類の塗料グレードでお選び頂くことになるかと思いますので、あとは外壁の状態・ご要望・ご予算に応じてアドバイスさせて頂きます!

外壁の診断はもちろん、お見積りのご提案まで無料で承っております。他社様との相見積もりや、参考までのご相談でも構いません!是非お気軽にお問い合わせください。

外壁塗装専門・熊澤建装の無料外壁屋根診断

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。