熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > シール工事中|伊勢原市・アパート外装改修工事

シール工事中|伊勢原市・アパート外装改修工事

最新情報現場ブログ 2020.09.29 (Tue) 更新

アパートにてシール工事中!

本日は神奈川県伊勢原市にありますアパートの外装改修工事スペシャルです。施工事例ページの製作まであと数日お待ち頂きたいので、先に進んでいる作業についてご紹介致します。

↑こちらの写真は外壁のシーリング材の打増しを行っているところです。「どの部分を!?」と思われるかと思いますが、ネットの向こう側にうっすら見える黒い線が見えますでしょうか。ちょっと足場部材やネットの折り目と被ってしまって見辛いかと思いますが、縦横両方にグレーの線通っている部分がシール工事を行った箇所です。

外壁塗装・防水工事のご相談・お見積依頼

ところで「シール工事=シーリング材の工事」というのはご存じでしょうか。サイディングボードやALCパネルなど外壁材同士の隙間を埋めている部材のことをシーリング材もしくはコーキング材と呼びます。以前はシーリングとコーキングに明確な違いがあったのですが、コーキング材と呼ばれる方が使用されなくなったため、正確には基本的にシーリング材のみが使用されています。しかし、昔からの名残で「コーキング」とも呼ばれることが多いため、名前は違えど指しているものは同じでございます。

そしてシーリング材を撤去して新たに付け替える「打替え」や、既存のシーリング材の上からさらに乗せる「打増し」などシーリングの工事自体を呼びやすく「シール工事」と呼んでいます。

 

シール工事は防水工事の一貫で、外壁材や内部に水分が侵入してしまうのを防ぐために施工されています。施工前はクリームのような少し固い液体で、乾燥させて固まることによりゴムのような丈夫で弾力のある部材へと変わります。

シーリング材は戸建て住宅でもアパートやマンションでも、ビルや工場でも様々な建造物に使用されており、塗装と違ってあまり外観的に気にならない部分なので補修を怠りがちですが、これまでサイディングボードの隙間からの雨漏りや、窓枠周りの隙間からの雨漏りなどの漏水トラブルに関するご相談を多くいただいています。シーリング材の劣化=雨漏りへと直結しやすいので、以下の劣化症状が見られる場合には早めの補修をご検討ください。

  • 亀裂が入っている
  • 壁材との間に隙間が出来ている
  • 縮んで細くなっている
  • 途中でちぎれている
  • 剥がれている

 

また、ご自身での判断が難しい場合や、屋根に設置されている天窓付近のシーリング材はご自身での確認が難しいかと思います。その際には是非お気軽に熊澤建装へご相談ください。

熊澤建装では屋根・外壁塗装や防水工事等、外装リフォームに関わる調査から補修の御見積りまで全て無料で行っております。調査や御見積りを行ったからといって必ずご契約頂かなければいけないと言うことはありませんので、ご安心ください。

外壁塗装専門・熊澤建装の無料外壁屋根診断

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。