熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 塗装の基礎知識 > 【本日定休日】屋根葺き替え工事とは?解体から新設までご紹介

【本日定休日】屋根葺き替え工事とは?解体から新設までご紹介

塗装の基礎知識最新情報 2020.09.13 (Sun) 更新

株式会社熊澤建装のホームページへお越し頂き、誠にありがとうございます。

恐れ入りますが本日定休日の為、お電話によるお問い合わせ窓口がお休みを頂いております。ホームページ内にございますお問い合わせフォームは24時間365日受け付けておりますので、お気軽にご相談・お問い合わせ内容をお送り頂ければと思います!

 

当社定休日(受付休止日)は毎週日曜・月曜・祝日でございます。

受付休止中でも営業部や工事部は動いている場合がございますので、ご契約済みのお客様や工事中のお客様はお手数ですが営業担当へ直接ご相談頂きますようお願い申し上げます。

 

さて!お休みの日には外装リフォームで役に立つ情報をご紹介しております。本日は日本瓦を使用した屋根や、劣化状態がかなり進んでしまっている屋根材を新しく設置しなおす方法「葺き替え工事」についてのご紹介です。

 

《熊澤建装のアピールタイム》

熊澤建装では、お住まいからアパート・マンション、工場や店舗など幅広い建物の施工が可能です。

足場の仮設から会社に在籍している職人が直接工事を行いますので、安心施工、高技術、適正価格にてご提案しております。

建物の調査は資格を持った診断のプロが直接お伺いして検査しますので、劣化状態や最適な補修方法のご説明をわかりやすくお伝え致します。

調査からお見積りの作成まで無料で承っておりますので、ご興味があるかた、お住まいや所持している建物で気になる部分がある方は、お気軽にご相談ください。

外装改修工事/屋上防水工事/外装リフォーム工事のご相談はこちら

 

 

<目次>

1,屋根の葺き替えとは?

2,屋根葺き替えをするタイミングとは?

3,屋根葺き替え工事の流れ

4,施工事例

 

 

【1,屋根葺き替え工事とは?】

新築時から付いている屋根材を全て解体して取り外し、新しい屋根材に替えることを「葺き替え」といいます。

屋根自体の傷みが激しい場合や、雨漏りなど内部構造まで劣化している場合に行います。

 

【2,屋根葺き替え工事をするタイミングとは?】

日本瓦以外の屋根のほとんどは、定期的に屋根塗装を行う事で維持が可能です。

より耐久性を上げ、低いコストで屋根材を変更したい場合には「屋根カバー工事」といって、既存の屋根材の上に、新しい屋根材を重ねて取付ける方法があります。

しかし、それらのメンテナンスだけでは改善できないほど屋根材の劣化が進んでしまい、屋根材自体の破損や劣化がひどくなってしまった際には、屋根葺き替えをしなければなりません。

また、日本瓦は瓦自体が丈夫で長持ちするのでメンテナンス不要ですが、台風等の暴風雨で飛んだり落ちたりというご相談が多くあります。

重量もあり、耐震性には優れていないため、建物の負担を減らすために葺き替え工事をご検討される方がだんだんと増えています。

 

【3,屋根葺き替えの流れ】

(1)既存屋根材の撤去

劣化してしまった既存の屋根材を降ろしていきます。

一般的なストレート屋根や日本瓦は重いので、落としてしまうと大きな被害に繋がります。

また、この解体作業には多くのチリやホコリが舞いますので、最小限に抑えられるよう丁寧に作業します。

 

(2)野地板の張替え・補修

屋根材の下地には木の板が全面に敷かれています。この板を「野地板」といいます。

傷みや雨漏りによる腐食がひどい場合には、新しい板へ張り替えを行います。

また、状態によっては新しい板の重ね貼りによって補強をします。

 

(3)防水シートの取付け

張替えた(2)の野地板の上に、「ルーフィング」という専用の防水シートを貼ります。

屋根材だけでなく、外壁材の内側にも同じように防水シートが設置されており、長期間防水性の維持をします。

しかし、長年の経年劣化によるものや、亀裂・破損部などから水分の侵入がある場合には、シート自体が腐食してしまい、防水性がなくなってしまうため、交換が必要となります。

 

(4)新しい屋根材の設置

新しい屋根材を設置します。

使用する屋根材によって工事期間や工事費用が変わってきますので、今後の予定やご予算に応じてお選び頂きます。

現在最も多く使用されている屋根材は<ガルバニウム鋼鈑>です。

ガルバニウム鋼鈑の重量は瓦の10分の1と言われており、錆びにくく耐久性に優れています。

葺き替えだけでなくカバー工事の際にも選ばれることが多く、設置しやすく作られているため工事期間が短く、費用も抑えられるので大変人気の屋根材です。

 

(5)棟板金の取付け

屋根のてっぺんにある板金を取付けて、葺き替え工事は完了です。

屋根材は基本的に下から段々と貼っていき、一番上の棟が最後となります。

 

【施工事例】

2020年6月18日着工 神奈川県中郡二宮町 外壁塗装・屋根葺き替え工事

2020年6月17日完工 神奈川県秦野市 大屋根葺き替え工事

2020年5月18日完工 神奈川県厚木市 外壁塗装・屋根カバー工事

2020年2月14日完工 神奈川県秦野市 屋根カバー工事

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。