熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > 公共事業(消防署)のシール工事中|秦野市・公共工事

公共事業(消防署)のシール工事中|秦野市・公共工事

最新情報現場ブログ 2020.09.02 (Wed) 更新

公共事業(消防署)のシール工事中!

神奈川県秦野市にあります消防署の外装改修工事にて、防水工事ともなうシーリングの補修を行っております。

白い細かな凹凸があるのが外壁、真ん中当りの濃い灰色部分がシーリング材を打ち込んだ場所です。右側の緑色のラインは塗料が飛ばないように養生シートを貼り付けてあるので、そのテープ部分が緑色名だけでございます。

写真はもう一枚有りますので一緒に貼ります!

これはドア枠付近の写真で、ちょうど真ん中当りのドア枠に沿って灰色が薄くなっているライン部分がシーリング材を打った箇所です。ちょっと分かりづらいかと思いますが、このように外壁各所のシーリング材を打替えることによって防水性を上げております。

秦野市公共工事 消防署の外装改修工事|施工事例ページ

 

シーリング材や外壁材やその他隙間を埋めるために使用されている材料です。お家の周りですとお外に出て頂いて、外壁と窓枠の隙間を埋めるように設置されていることが多いです。お住まいの造りによってはその隙間さえもない場合もあれば、サイディングボードを使用されている場合にはボード同士の隙間はすべてシーリング材が使用されています。

多くの場合「経年劣化」といって、長年太陽や雨風など環境によるダメージを受け続けることによって劣化してしまうことが多いので、施工不良や自ら剥がさない限りは長期間防水性を維持してくれます。

 

シーリング材が劣化すると、シーリング材の特性でもあるゴムのような弾力性がなくなり、細かな亀裂が入り始めて最終的にちぎれてしまったり縮んで隙間が出来てしまいます。

このような状態になりますと水分が壁材の内部まで簡単に侵入することが出来るため、外壁材を傷めて腐食してしまうだけでなく、断熱材を湿らせて内壁にカビを生やし壁紙も剥がれてきます。

 

多くの場合ここまでならないうちにご相談頂いていますので安心ですが、暴風雨などで損傷してしまったために急遽補修が必要になったという場合には、是非熊澤建装をお使いください。

当社では屋根・外壁診断、雨漏り調査を無料で行っています。原因や水分の経路を調査し、どのような補修方法が最適化を見極めた上で、自社職人が行う適正価格での補修費用をご提案致します。

防水工事専門・熊澤建装の無料雨漏り診断

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。