熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > 伊勢原にてシール工事中!【伊勢原市 店舗 雨漏り改修工事】

伊勢原にてシール工事中!【伊勢原市 店舗 雨漏り改修工事】

最新情報現場ブログ 2020.06.30 (Tue) 更新

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の熊澤建装です!

防水工事のプロが、雨漏りの原因を調査・特定し、最適な施工方法をご提案致します。

ちょっとしたひび割れやシーリングの隙間から漏水トラブルは起こりえますので、気になる箇所があれば是非後連絡ください。

雨漏り補修/ベランダ防水/屋上防水のご相談はこちら

 

神奈川県伊勢原市にて行っております店舗の雨漏り補修工事では、引き続きタイル目地の補修作業を行っております。

店舗の雨漏り補修工事 施工事例ページはこちら

 

シーリング打替え工事の基本的な流れをご紹介致します!

 

(1)既存シーリング材の撤去

カッターナイフなど工具でシーリング材を施工部から剥がします。

その際に外壁材を傷つけてしまわないよう、当てる位置や力加減に注意が必要です。

また、撤去後には隙間に入り込んでいるホコリや砂を取り出し、綺麗に清掃します。

 

(2)養生

マスキングテープをシーリング材を打つ溝の両側に貼り付けて、外壁へのはみ出しを防止します。

 

(3)ボンドブレーカー設置

シーリング材を打つ溝の底側に、ボンドブレーカーという薄型のテープを設置します。

これは、シーリング材が溝底まで接着すると、建物の伸縮や壁材の動きに追従しにくくなるため、シーリング材が切れやすくなってしまいます。

そのため、底の部分にボンドブレーカーを設置しすることによって接着面を減らし、シーリング材が長持ちするよう調節します。

 

(4)プライマー塗布

シーリング材の密着性を上げる為、充填前にプライマーを塗ります。

 

(5)シーリング材の充填

打ち始めや打ち終わりなど、全体的に隙間が出きないよう、少し盛り上げるように充填していきます。

また、その後はヘラなどの工具で押し込むようにしつつ、表面を平らに整えます。

 

(6)養生撤去

シーリング材が固まらない内に、マスキングテープを剥がしていき、その後完全に硬化させて完了です。

 

雨漏り箇所の調査は無料で承っております。

必要であれば補修工事に必要な工事費のお見積りをご案内致しますので、お気軽にご相談ください。

無料の雨漏り調査 ご相談・ご依頼はこちらから

熊澤建装は東京・神奈川に3店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。