熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 塗装の基礎知識 > 【防水工事の重要性】マンションで行った防水工事をご紹介致します!

【防水工事の重要性】マンションで行った防水工事をご紹介致します!

塗装の基礎知識現場ブログ 2020.06.26 (Fri) 更新

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の熊澤建装です!

ベランダや屋上の防水工事、シーリング工事も専門的に行っております。

雨漏りトラブルに関するご相談、調査、お見積りの作成まで無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。

防水工事/雨漏りに関する無料調査のご相談はこちら

 

先日完工致しました神奈川県厚木市の【マンション外装改修工事】では、屋上・階段・通路の防水工事を行いました。

厚木市 マンション外装改修工事の施工事例ページ

本日はご紹介できていなかった階段のFRP防水工事の写真のご紹介と、<防水工事の重要性>についてお伝え致します。

 

こちらの写真は施工前のものです。

高圧水洗浄にて表面の汚れを綺麗に落とし、これから残っている防水層の撤去や、表面が削れてしまっている箇所の補修を行って参ります。

※施工事例ページにビフォーアフター写真を掲載しますので、是非比較してみてください。

 

 

【防水工事の重要性】

■防水工事とは?

外装における防水工事は、雨や雪などの水分が、建物外部から内部への侵入を防ぐことを目的としています。

また、防水層の形状によって大きく分けられており、面状の「メンブレン防水」と、線状の「シーリング防水」があります。

 

<外装で防水工事が施されている箇所>

・屋根/屋上(面)

・ベランダ/バルコニー(面)

・外壁(線)

・窓枠周辺(線)

 

<内装で防水工事が施されている箇所>

・台所

・浴室/脱衣所

・トイレ/洗面所

 

■防水工事の必要性とは?

建物の構造の多くは木で出来ており、木は長期間水分を吸収し続けることにより、腐食して崩れてしまうため、屋根壁ともに部材の内側には防水シートが設置されています。

また、鉄骨鉄筋を使用している場合であっても、酸性雨によるサビの発生は抑えることが出来ないため、同じく防水シートが使用されています。

さらに、建物は温度や湿度によって伸縮を繰り返すため、必ずそれらの衝撃を逃がす隙間があります。その隙間には、伸縮性のあるゴム状の防水工事を施すことにより、水分の侵入を抑えています。

そして水分がたまりやすい屋上やベランダには表面に防水工事をすることにより、水分の吸収及び侵入を防ぎます。

どのような建物であっても、防水工事が施されているからこそ、建物として存在し続けることが出来るのです。

 

■これまでの防水工事実績の一例

神奈川県横浜市 バルコニー防水工事

神奈川県横浜市 アパートベランダ防水工事

神奈川県秦野市 屋上防水工事

熊澤建装は東京・神奈川に3店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。