熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 最新情報 > 江東区の新築マンションにて軒天塗装を行いました!

江東区の新築マンションにて軒天塗装を行いました!

最新情報現場ブログ 2020.06.23 (Tue) 更新

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の熊澤建装です!

サイディング張替えや屋根カバーなど外装リフォームを幅広く行っております。

建物の調査からお見積りまで無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

外装塗装/雨漏り補修/屋上防水など無料見積りのご依頼はこちら

 

さて、東京都江東区にて行っております新築マンション塗装工事では、軒天塗装作業が行われました。

塗装前の写真があれば良かったのですが、ないです!すみません。

塗装する前はどうなっていたかと言いますと、まず軒板を釘で打って設置しますので、釘穴ができます。

また、軒板同士の間にも隙間もできます。

なので、軒天塗装で最初に行うのは、「釘穴と軒板同士の隙間を埋める作業」でございます。

写真を見て頂くと、釘穴?どこ?となるくらいツヤツヤになっておりますが、これは「パテ」という年度のような材料で穴を綺麗に埋めているからツヤツヤなのです。

軒板同士の隙間も同じく、パテやシーリング材で埋めることにより、溝や凹凸がなくなってツルツルの仕上りになります。

 

今回は新築マンションなので補修等は必要ありませんでしたが、軒天自体は湿気が籠もりやすいため、塗装でしっかり保護されていないと腐食して剥がれてしまう場合もあります。

穴が空いてしまうとスズメやネズミが入り込み、巣穴として利用してしまうため、そのままにしてしまうと糞尿により屋根材が腐食してしまったり、配線を神ちぎってしまったりと大きな被害に繋がることも少なくありません!

劣化を防ぐには、まずは定期的に塗装によるお手入れを行って、湿気による劣化を防ぎましょう。

 

熊澤建装では軒天張り替え工事ももちろん行っております。

部分的な塗装補修も可能ですし、塗装だけでは補修が出来ないと判断した際には交換致しますので、ご相談頂ければと思います。

 

また、新築マンションだけでなく、既存のアパートやマンションの外装塗装から、内装の窓枠、階段の手摺や通路の柵など部分的な補修塗装も自社職人が直接行っております。

まずは補修するのにどのぐらいの費用がかかるのか、部分的に行うのと全体的に行うのとどちらが良いかなど、建物に関するご不安点について是非お気軽にお問い合わせください。

マンション・アパートの外装塗装/リフォーム/防水工事のお問い合わせはこちら

屋根・外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私たちは、神奈川県秦野市を中心に公共施設の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に住宅や建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建てやアパート等集合住宅の塗り替えをして欲しいとたくさんのお声をいただき、今では秦野市から厚木市、横浜市、中心とする神奈川エリア全域、さらに杉並区に支店を設け東京エリア全域にも塗装事業を展開しております。

当社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装技術と豊富な塗料知識です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装内容はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも私たちの使命だと考えております。

工事費用のお見積りはプロの診断士が無料でご対応致します。ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

屋根・外壁塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。