熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > おすすめ塗料紹介

おすすめ塗料紹介の記事一覧

【多彩模様塗料】水性ゾラコートEXのご紹介!【岩石質感】

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の熊澤建装です!   お住まいの塗替え、アパートの外装改修、店舗の雨漏り補修など、幅広い建物の内外装リフォーム&防水工事を行っております! 国土交通大臣許可を取得し、公共施設等の施工も行っている専門店ですので、安心してお任せ頂けます。 また、施工から管理まで一貫して自社で行っておりますので、細かな調整や費用面でのご相談もできる限りのご提案を致します! 建物の調査からお見積りの作成まで、資格を持ったプロの診断スタッフが無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。 外装塗装/雨漏り補修/屋上防水/建物のお困りごとに関するお問い合わせはこちらへ     【多彩模様塗料 水性ゾラコートEXのご紹介】   ◆塗料概要 塗料名:水性ゾラコートEX メーカー:関西ペイント 塗料種別:シリコン樹脂多彩模様塗料   ◆塗料仕様 下塗り:アレス水性エポレジン 中塗り:水性ゾラコートEX中塗用 上塗り:水性ゾラコートEX ・窯業系サイディング、コンクリート、モルタル、鉄部に塗装できます。 ※金属サイディング不可 ・スポンジローラーでの施工も可能ですが、自然な仕上りのため吹付け塗装がおすすめです。     【ゾラコートは他の塗料と何が違うのか?】 ★仕上りが全然違います!! 一般的な塗料は1色塗り上げる、もしくはタイルなど外壁材の模様を活かすため透明な塗料を塗るクリヤー塗装をします。 しかし、このゾラコートEXは塗料の中に色の違う細かな粒が複数混ざっているため、塗装した際には岩石の表面のような独特な質感を表現できます。 ←カタログの一部ですが、落ち着いた配色の合計30種類の色から選ぶことが出来、それぞれベースの色と粒の色が異なっているため、建物や近隣の雰囲気にぴったりな柄を見付けて頂くことが出来ます。 ハウスメーカーが新築で立てる際に使用する材質を、塗替えでも表現できるようになった仕上りの良さに一番の自信がある塗料です!     【ゾラコートの特徴】 独自の多彩模様が、今までに無い上品で高級感あふれる外観を演出します。 高耐候性シリコン樹脂を使用しているため、建物の美観を長年維持します。 低汚染に優れていたシリコン樹脂を使用しているため、雨風による汚れの付着を防ぎます。 防カビ・防藻性に優れています。 内装にも施工可能です。※防火材料等認定塗料ではありません。     【上質な仕上りをより長持ちさせたい方へ】   ★「RSダイヤモンドF」がオススメです!   ◆塗装概要 塗料名:RCダイヤモンドF メーカー:関西ペイント 塗装種別:フッ素樹脂多彩模様塗料   ◆塗料仕様 下塗り:RSサーフ、プライマー、フィラー、マルチシーラー(下地に応じて選択します) 中塗り:RSダイヤモンド中塗 上塗り:RSダイヤモンドF ・スポンジローラーでの施工も可能ですが、仕上りの良好さから、吹付けでの塗装をオススメしております。     【RSとは?】 ★関西ペイントが開催しているリフォーム(R)サミット(S)の略です。 リフォームサミットとは、関西ペイントに技術力と提案力を認められた塗装業者のみ参加できる組織で、参加している業者のみ「RSシリーズ」という特別な塗料の取扱が出来ます。 もちろん熊澤建装も参加しておりますので、ご紹介した「RSダイヤモンドF」の取扱・施工が可能です。   【「ゾラコート」と「RSダイヤモンドF」の違い】 ★フッ素塗料の高耐久性 ゾラコートはシリコングレードまでですが、RSダイヤモンドFは高層ビルや公共施設等にも使用されている超高耐久性を持ったフッ素グレードをお選び頂けます。   ★優れた弾性 優れた弾性(伸び縮みする性質)がありますので、常に収縮と膨張を繰り返す建物の動きに合わせて伸縮することにより、クラックの発生を抑えます。   ★優れた防カビ性 防カビ性にも優れており、菌糸の生育が認められないレベルに達するほど発生を抑制することが出来ます。   ★表情豊かなカラー 色はゾラコートに比べ21色と少しだけ減りますが、暖かみのあるカジュアルな暖色系からクールでモダンなモノトーン系まで雰囲気によってお選び頂けます。     【ゾラコートEXの施工事例】 東京都江東区 O様邸 外壁塗装工事 東京都江東区 T様邸 屋根・外壁塗装工事 (2020.06.18 更新) 詳しく見る
おすすめ塗料紹介

【遮熱塗料】サーモアイ4Fのご紹介!【屋根用フッ素塗料】

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の熊澤建装です!   内外装リフォーム全般を行っており、サイディングの張替えや屋根の葺き替え工事も可能です! 現地での調査からお見積りのご提案(複数パターンをご用意します!)まで無料で承っておりますので、 お気軽にお問い合わせください。 外装塗装/ベランダ防水/外装リフォームに関するお問い合わせはこちら     【遮熱塗料 サーモアイ4Fのご紹介】 ◆塗料詳細 塗料名:サーモアイ4F(フッ素) メーカー:日本ペイント 塗料種別:フッ素遮熱塗料 ※シリコン塗料もあります!   ◆塗料仕様 下塗り:サーモアイプライマー(金属屋根用) サーモアイシーラー(ストレート屋根用) 中塗り:サーモアイ4F 上塗り:サーモアイ4F ・艶有りのみ ・標準色40色       【遮熱塗料の基礎知識】 ★そもそも遮熱塗料とは? 遮熱塗料を塗った面は太陽光を反射させるため、熱の吸収を抑制し、 建物内部への熱の侵入を防ぐことで室内温度の上昇を暖和します。 反射させて熱を遮る塗料のため、「遮熱塗料」と呼ばれます。   ★メリットは? 太陽光エネルギーが強い日でも屋根面の温度上昇を抑えるため、 熱が室内に入らず快適な環境作りに貢献します。 また、室内温度の上昇を暖和できるため、省エネや空調器具等の電気料金の節約にも繋がります。   【サーモアイの反射率】 太陽光エネルギーの約半分は赤外線からなっています。 遮熱塗料の役割は、この赤外線を効率よく反射させることで温度の上昇を抑えます。 ほぼ同じ色の従来塗料と反射率の比較実験を行ったところ、 従来塗料の反射率は約30%、それに対しサーモアイは90%以上反射率の数値が出ました! サーモアイを塗装するだけで、日射反射を通常の3倍以上にすることができます!   【サーモアイのダブル反射】 サーモアイシリーズでは専用の下塗り材にも太陽光の反射効果があります。 上塗り材に「赤外線透過テクノロシー」を採用することにより、 上塗りの遮熱性能を向上させるだけでなく、上塗り層で反射できない赤外線を吸収せずに 透過させることで、下塗り遮熱性能との相乗効果を発揮します。 「ダブル反射」は上塗りと下塗りの遮熱効果を最大限に発揮した遮熱システムなのです!   【サーモアイ塗装における検証結果】 ※熱が伝わりやすい金属屋根での検証結果です。   (1)工場の銅板屋根(外気温32℃) 屋根面 51℃→31℃  =20℃削減! 天井面 39℃→32℃  =7℃削減! 室内  34℃→30℃  =4℃削減!   (2)プレハブ式ユニットハウス(外気温31℃) 屋根面 63℃→53℃  =10℃削減! 室内  43℃→40℃  =3℃削減!   【サーモアイシリーズのフッ素がおすすめの理由】 遮熱性能には色相は大きく関係しているため、塗膜への汚れの付着や、 劣化による色あせ等で色相が変化すると、遮熱性能が低下してしまう場合があります。 そのため、長期間にわたって遮熱性能を保持するためには、より強靱な塗膜を形成できる フッ素塗料をおすすめしています。   【その他お役立ち情報】 ★遮熱塗料と断熱材の違いは? 断熱材は、熱エネルギーが通りにくい素材のことで、屋根からの熱を室内に伝わりにくくさせます。 遮熱塗料は、太陽光が熱エネルギーに変わる前に反射させることで、 屋根が暖まるのを未然に防ぎ、室内の温度上昇を防ぎます。 また、熱に変化することを抑える効果は、地球温暖化やヒートアイランド対策に貢献できます!   ★遮熱塗料の効果は一定なの? 断熱材のない建物(工場や倉庫など)では室内環境の改善に有効です。 しかし、屋根の素材や色、エアコンの仕様によって温度上昇率が変化し、 室内にあるものの量や熱エネルギーをため込みやすいものかで左右されるため、 一概に室内温度が常に一定に下がるわけではありません。   【サーモアイシリーズ使用の塗装事例】 <サーモアイ4F(フッ素)> 東京都西東京市 Y様邸 外壁・屋根塗装工事 神奈川県横浜市 K様邸 屋根塗装工事 東京都江東区 I様邸 外壁・屋根塗装工事   <サーモアイSi(シリコン)> 神奈川県綾瀬市 I様邸 外壁・屋根塗装工事 神奈川県横浜市 S様邸 外壁・屋根塗装工事 (2020.06.17 更新) 詳しく見る
おすすめ塗料紹介

【シリコン塗料】アレスダイナミックTOPのご紹介!【外壁塗装その他】

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の熊澤建装です! 建物の塗装から防水、サイディングの張り替えや屋根カバーなど 外装の総合リフォームを全般に承っております。   足場の組立から自社職人が行い、ご提案から管理まで一貫して自社で行っています! 国土交通大臣の建設業許可を取得して、専門的に行っておりますので、安心してお任せ頂ければと思います。 建物の調査やお見積りの作成は全て無料ですので、お気軽にご相談ください! 外壁屋根塗装の無料調査&無料見積りに関するお問い合わせはこちら     【外壁用シリコン塗料】アレスダイナミックTOPのご紹介 ◆塗料詳細 塗料名:アレスダイナミックTOP メーカー:関西ペイント 塗料種別:シリコン樹脂塗料   ◆塗装仕様 下塗り:アレスダイナミックフィラー 中塗り:アレスダイナミックTOP 上塗り:アレスダイナミックTOP ・艶あり、7分艶、5分艶、3分艶から艶感が選択可能 ・コンクリート、モルタル、窯業系サイディングボード、ALC、各種旧塗膜に塗装可能     【アレスダイナミックTOPの特徴】 ラジカル制御技術によりフッ素グレードに迫る高耐候性 臭気の少ない水性塗料で作業環境に優しい 強力な付着力で湿潤面への塗装が可能 超低汚染、カビ・藻が付着しにくい   【なぜ外壁塗装は劣化するのか・・・】 雨風や熱、太陽光など、外装は常に厳しい環境にさらされています! とくに紫外線は晴れの日だけでなく曇りや雨の日でも降り注いでおり、人の肌だけでなく建物の塗装も攻撃し、劣化を促進させます。 地球温暖化伴うオゾン層破壊の影響で紫外線量が年々増え続けていることから、建物の健康を維持するには紫外線から守ることが最も重要です!   【劣化の原因物質とは・・・】 塗料の主成分(顔料に含まれている)の一つである「酸化チタン」に紫外線が与えることにより発生する物質<ラジカル>が廉価の原因物質と言われています。 <ラジカル>は塗膜を破壊し、劣化を促進するためです。 アレスダイナミックシリーズでは、この<ラジカル>の発生を抑制することで、塗膜の劣化を防ぐ技術を開発しました!   【ラジカルの発生を抑える技術とは・・・】 (1)高性能シリコンレジン 超強力な結合エネルギーをもつ国産の「高性能シリコンレジン」を採用することにより、塗膜内への紫外線の侵入をブロックします。   (2)UVトラップ シリコンレジンをすり抜けた紫外線を無害化します。   (3)ラジカルバリヤコート 酸化チタンへの紫外線到達をバリヤでブロックし、ラジカルの発生を抑制します。   (4)HALSラジカルキャッチャー 極微量すり抜けてしまった紫外線によってラジカルが発生した場合には、ラジカルキャッチャーで捕獲し、全て無害化します。   【「ダイナミック強化剤」の組み合わせで湿地面にも塗装可能!】 独自開発の「繊密・強靱塗膜形成技術」により、高い付着力を発揮します! 下塗り材の「アレスダイナミックフィラー」と「ダイナミック強化剤」を組み合わせることで、 従来は塗装できなかった湿潤面への塗装も可能になりました。  ★ 強力な付着力で、弱った壁面にも安心して塗装可能。  ★ 梅雨時期や台風シーズンへの対応だけでなく、高湿度になりやすい場所に有効。  ★ 悪天候による工事の遅延が減り、近隣への心配もなくなります。   【施工事例のご紹介】 神奈川県横浜市 S様邸 屋根・外壁塗装工事 神奈川県綾瀬市 I様邸 屋根・外壁塗装工事 東京都江東区 I様邸 屋根・外壁塗装工事 東京都小平市 A様邸 屋根・外壁塗装工事 (2020.06.17 更新) 詳しく見る
おすすめ塗料紹介

【おすすめ塗料】アレスダイナミックMUKIとは・・・(関西ペイント)

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の熊澤建装です! 東京都内、神奈川県内全域にて、自社職人が外装リフォームを行っております。   ご相談の受付、現地での調査、お見積りの作成、そして施工から管理まで一貫して行っております! お伺いや補修のご提案含むお見積りのご案内まで全て無料で承っておりますので、 是非お気軽にご相談ください♪ 外壁塗装/屋根塗装/サイディング張替え/屋根カバーのお問い合わせはこちら   【 オ ス ス メ 塗 料 紹 介 】   ■ 詳細 塗料名:アレスダイナミックMUKI 塗料メーカー:関西ペイント 塗料種別:無機有機ハイブリッド塗料   ■ 塗装仕様 下塗り:アレスダイナミック防水フィラー 中塗り:アレスダイナミックMUKI中塗り専用 上塗り:アレスダイナミックMUKI ・艶あり、7分艶、5分艶、3分艶から選択可能 ・コンクリート、モルタル、ALC、窯業系サイディング、各種旧塗膜に施工可能       おすすめポイントとなる【究極のH.R.Dテクノロジー!!】とは? H:ハイブリッドテクノロジー R:ラジカル抑制技術 D:ダイナミックレジン結合技術 独自開発されたこの3つの技術が、フッ素グレードを超越する高耐候性を発揮できるポイントです!! それぞれ何を言っているのか、ご説明致します。     ★そもそも、無機有機ハイブリッド塗料とは? 有機=木、プラスチックなど「炭素を含む(加熱すると焦げて二酸化炭素が発生する)化合物」のこと    加工がしやすく柔軟性があります。   無機=ガラス、金属など「炭素を含まない(有機以外のすべての物質)化合物」のこと    紫外線に強く不燃性が特徴ですが、その半面、柔軟性を発揮しにくいです。   ハイブリッド=異なった要素が組み合わされていること   つまり無機有機ハイブリッド塗料をかみ砕くと、 < 「無機物」の強靱さと「有機物」の柔軟性を組み合わせた塗料 > ということになります!化合物うんぬんで難しい話になりましたが絶対強いんだろうなという印象ですね。     【H:ハイブリッドテクノロジー】 先ほどご紹介した無機有機に最高グレードのフッ素レジン素材を配合します。 それぞれの特徴を最大限発揮できるよう高効率で配合させることによって、超高耐候性が実現しました!     【R:ラジカル抑制技術】 4つの塗膜コントロール技術により、塗膜劣化の原因物質である「ラジカル」の発生を根本的に抑え、 塗料の耐候性を飛躍的に向上させます!   ★ラジカルの説明 屋根・外壁塗装に使用する塗料の「顔料」に含まれている「酸化チタン」に紫外線が触れることによって発生する物質。 ラジカルは塗膜内の樹脂を切断してしまうため、ラジカルの発生が塗膜の劣化原因(チョーキングやひび割れ)となります。   ■制御技術その1<高性能フッ素レジン> 超強力な結合エネルギーを持つ国産の「高性能フッ素レジン」が紫外線を反射!   ■制御技術その2<UVトラップ> 「高性能フッ素レジン」をすり抜けた紫外線を無害化!   ■制御技術その3<HALSラジカルキャッチャー> 極微量すり抜けた紫外線によって発生してしまったラジカルを捕獲し、全て無害化!   ■制御技術その4<ラジカルバリヤコート> 酸化チタンへの紫外線到達を阻止し、ラジカル発生を阻止!     【D:ダイナミックレジン結合技術】 超強力な結合エネルギーをもたらす結合技術により、強固な塗膜の形成と、素材同士の強力な付着力を発揮します! 塗料物質同士の付着力が強ければ強いほど、チョーキング、亀裂、剥離などの劣化症状を長期的に抑制できるのです!     <アレスダイナミックMUKi>を使用した外壁塗装工事の施工事例♪ ●西東京市 Y様邸 屋根塗装&外壁塗装工事 ●西東京市 Y様邸 屋根塗装&外壁塗装工事   シリコングレードの<アレスダイナミックトップ>を使用した外壁塗装工事の施工事例♪ ●綾瀬市 I様邸 屋根塗装&外壁塗装工事 ●横浜市 S様邸 屋根塗装&外壁塗装工事     (2020.06.12 更新) 詳しく見る
おすすめ塗料紹介

外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私どもは、神奈川県の秦野市を中心に公共物件の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に地域の建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建やアパート等集合住宅の塗装をして欲しいとたくさんのお声を頂き、今では秦野市から厚木市、海老名市、横浜市、小田原市を中心とする神奈川県全域、そして東京、静岡、埼玉に塗装事業を展開しております。

弊社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装工事です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも我々の使命だと考えております。

ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら外壁屋根塗装&防水工事専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

外壁屋根塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。