熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 塗装の基礎知識 > ★外壁塗装の艶あり・艶なし

★外壁塗装の艶あり・艶なし

塗装の基礎知識 2020.03.08 (Sun) 更新

 

外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の熊澤建装です!

本日は定休日でございます。

 

ご相談・お問い合わせは、是非お問い合わせフォームをご利用ください。

また、熊澤建装 各部署の定休日は下記の通りです。

【本部(お問い合わせ受付)】 日・月曜日

【営業部(診断・お見積り)】   月・火曜日

【工事部(施工・職人)】    日曜日・悪天候時

 

定休日のブログでは、外壁塗装&屋根塗装に関する豆知識をお届け致します!

本日は外壁塗装の際に選べる「艶あり・艶なし」についてです。

 

★艶に関する基礎情報

光を反射するものを艶あり、反射しないものを艶なしという表現をしております。

また、塗料によっては艶の調整ができ、「艶なし・三分艶・五分艶・七分艶・艶あり」という形で細かく指定できます。

艶なしは「艶消し」「マット仕上げ」とも言われます。

 

★艶の指定が出来る塗料

艶のある・なしはメーカーが塗料を作った段階ですでに決められており、注文する際に艶の具合を指定して注文します。

そのため、何かを混ぜれば艶なしにできたり、艶なしになるような塗り方があるわけではありませんので、工事が始まってから調整をすることはできません。

また、塗料によっては艶なしを選べないものもあるため、塗料を選ぶ際には【1,艶 2,色 3,機能性】を決めておくよう注意しましょう。

 

★艶あり・艶なしのメリット&デメリット

・艶あり

メリット:太陽光の反射で輝くので新築のように見える

    サイディングボードの凹凸が強調される

    汚れが付きづらい

デメリット:劣化により年数がたつと艶がなくなってくる

     まぶしい、安っぽいと感じる人もいる

 

・艶なし

メリット:落ち着いた雰囲気になる

    高級感を演出できる

デメリット:艶ありに比べると汚れが付きやすい

     使用できる塗料が少ない

 

★艶を抑える際の注意点

七分艶というと「艶が七割・艶消し三割」という意味ですが、他の業界の解釈と混ざってしまったり、

地域の差などで七分艶を七分艶消し(三分艶)と勘違いしてしまう場合があるそうです。

艶の具合の違いは工事か終わるまで気づけない可能性があるので、艶を抑える場合には

「70%艶にする」など艶感の確認を行いましょう!

 

外壁塗装・屋根塗装・外装リフォームの無料見積りはこちらから

外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私どもは、神奈川県の秦野市を中心に公共物件の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に地域の建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建の塗装をして欲しいとたくさんのお声を頂き、今では秦野市から厚木市、海老名市、横浜市、小田原市を中心とする神奈川県全域、そして東京、千葉、埼玉に塗装事業を展開しております。

弊社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装工事です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも我々の使命だと考えております。

ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら外壁屋根塗装&防水工事専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

外壁屋根塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。