熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 塗装の基礎知識 > ★冬に遮熱塗料を使った屋根塗装をしたらどうなるのか

★冬に遮熱塗料を使った屋根塗装をしたらどうなるのか

塗装の基礎知識 2019.12.02 (Mon) 更新

本日、熊澤建装の本部・営業部はお休みを頂いております。

各部署の定休日は下記の通りです。

毎週日曜日:本部、工事部

毎週月曜日:本部、営業部

第1第3火曜日:営業部

お問い合わせ・ご相談に関しまして、お問い合わせフォームよりお送り頂ければ、翌営業日に折り返しご連絡致します。

よろしくお願い致します。

 

さて本日は「冬に遮熱塗料を使った塗装をしたら寒くなるのか」についてお話しします!

 

遮熱塗料とは、塗装することによって太陽光を反射し、お家の中が暑くなるのを防いでくれる

高性能な塗料のことです!

最近では遮熱塗料での塗装工事がメジャーとなり、特に屋根は遮熱塗料指名のご依頼を多く頂きます!

 

ここで疑問が生まれるのですが、冬に遮熱塗料が塗ってあるとお家の中に太陽光の熱が届かず

寒くなってしまうのでは?ということです。

 

正解は、、、わずかな温度変化はあるけど気になるほどではない!です。

 

理由その1:日射角度の違い

夏場は日射角度が高く、真上から太陽光が降り注ぎ、さらにその時間が長いため、遮熱塗料の性能が

最大限に発揮できます。

しかし冬は日射角度が低く、斜め横から太陽光が差し込むように入るので、窓を通して暖かさを感じられます。

つまり、そもそも冬場にお日様の光でお家が暖かいと感じるのは、屋根や外壁を突き抜けた太陽光よりも

窓を通して入ってきた太陽光の暖かさのほうが多いと考えられます。

 

理由その2:あたたまりやすい条件が揃っている

遮熱塗料とは関係のない話になってしまいますが、冬は空気が乾燥していて大気中の水分が少ないため

光が拡散しづらくなっています。

そして理由その1にもあるように日射角度が低いため、窓から差し込む太陽光の暖かさでお家の中を

暖められる条件が揃っているのです!

 

高機能な遮熱塗料にされるか、通常の塗料にされるか、その他塗料自体のグレードなどで塗装工事の

金額は少しずつ変わってきます!

長い目で見て頂いたときにどの塗料が良いのか、お住まいの地域や環境に合わせて判断・ご案内致しますので

是非お気軽にお問い合わせください♪

外壁塗装、屋根塗装、防水工事、補修・改修・修繕工事のご相談はこちらから

外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私どもは、神奈川県の秦野市を中心に公共物件の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に地域の建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建の塗装をして欲しいとたくさんのお声を頂き、今では秦野市から厚木市、海老名市、横浜市、小田原市を中心とする神奈川県全域、そして東京、千葉、埼玉に塗装事業を展開しております。

弊社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装工事です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも我々の使命だと考えております。

ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら外壁屋根塗装&防水工事専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

外壁屋根塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。