熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 塗装の基礎知識 > ★公共事業の塗装工事は何がすごいのか?(審査編)

★公共事業の塗装工事は何がすごいのか?(審査編)

塗装の基礎知識 2019.08.26 (Mon) 更新

 

ご閲覧頂きまして、誠にありがとうございます。

本日は本部・営業部(職人)がお休みを頂いております。

本部休み:日・月

営業部休み:月・隔週火

工事部休み:日・悪天候時

お問い合わせ・ご相談に関しましては、週明け火曜日に弊社より折り返しご連絡致します。

お問い合わせフォームでは24時間365日受け付けておりますので、是非お気軽にお送りください!

 

本部がお休みを頂いている日・月曜日は、いつかきっとどこかで役に立つ

建築塗装の基礎知識、豆知識についてご紹介致します。

 

今回のテーマは「公共事業の塗装工事ってすごいの?」です!

塗装工事を行っている企業で公共事業の施工実績があると、必ずアピールをします。

もちろん熊澤建装も実績があるのでアピールします!今年もやります!

が、公共事業の塗装工事をすることとは、どのようにすごいことなのか、

今回はそのご説明(審査編)をします。

 

■ (入札編)にあった入札参加資格審査とは?

入札に参加する契約対象者として要件を満たすかどうかを審査することです。

公共工事を行うだけの能力を持たない会社に工事を発注してしまっては大きな問題となるので、入札前に会社のチェックが必ず行われます。

 

■ 審査内容は?

1,建設業許可を受けている

建設業であれば持っていて当たり前だと思われがちですが、これは「500万円以上の工事を受注するため」に必要な許可です。

つまり、少額な工事のみを行っている会社や個人事業は、許可がなくても建設業を行うことが出来るのです。

建設業許可を取るにも多くの実績と条件のクリアが必要になります。

 

2,経営事項審査を受けている

経営事項審査とは「経営状況」「経営規模」「技術力」「その他審査項目(社会性など)」について数値化して評価するものです。

会社の評価を数値化したのもなので、学校でいう通信簿のようなものです。

この審査内容も評価によっては要件を満たさないと判断される場合があります。

 

3,各種税金に未納がないこと

当たり前ではありますが、公共工事ですので税金を滞納している業者は入札に参加できません。

 

4,欠格要件に該当しないこと

都道府県や市町村によって要件の内容が変わるので省きますが、これまでに不正な行為や問題を起こしていないかという項目が数十個あります。

 

以上!公共事業の塗装工事をするにあたって行われる入札審査についてでした。

公共工事を行うことの一体何がすごいのかを個人の感想も含めてまとめますと、

②難しい入札資格審査を通っている

⇒国土交通大臣の厳しい審査で評価され、その評価も審査されている⇒安心・信頼へ繋がる

①入札の際に最も有利な条件を出せる

⇒契約事項や図面だけを見て的確な回答ができる⇒判断力・技術力が高い

ということです!

 

熊澤建装、今年も公共事業の塗装工事を行います!近日詳細をご報告します♪

外壁塗装・屋根塗装・防水工事など 総合リフォームについてのご相談はこちらから

外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私どもは、神奈川県の秦野市を中心に公共物件の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に地域の建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建の塗装をして欲しいとたくさんのお声を頂き、今では秦野市から厚木市、海老名市、横浜市、小田原市を中心とする神奈川県全域、そして東京、千葉、埼玉に塗装事業を展開しております。

弊社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装工事です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも我々の使命だと考えております。

ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら外壁屋根塗装&防水工事専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

外壁屋根塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。