熊澤建装の現場ブログ熊澤建装の活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 熊澤建装の現場ブログ > 塗装の基礎知識 > ★外壁塗装<ニオイによる害>

★外壁塗装<ニオイによる害>

塗装の基礎知識 2019.02.04 (Mon) 更新

 

本日は本部・工事部(職人)がお休みを頂いております。

日曜定休:本部、工事部

月曜定休:本部、営業部

お問い合わせに関しまして、ホームページのお問い合わせフォームは24時間365日受付しておりますので、

画面右上の「WEB見積り」もしくは「無料診断」よりお送りください。

お電話によるご相談は、恐れ入りますが週明け火曜日にフリーダイヤルへご連絡を頂ければと思います。

よろしくお願い致します。

 

昨日ご紹介した内容で、「油性塗料はにおいがキツい」とお伝えしましたが、そのニオイに害はないのかという疑問についてご説明致します!

 

● 今の塗料には有害物資は少ない!

規定以上の有害物質が入った塗料やコーキング材の使用には、建築基準法によって使用量の制限があるため、

外壁等の広い面積に使用されることはありません。

 

● 判断基準

F☆☆☆☆という等級があり、建材や塗料などの材料にはこの等級の表示義務があります。

☆の数が減るごとに使用量の制限や条件がつき、F☆のものは内装材としての使用が禁止されています。

星が4つあるF☆☆☆☆という最上位規格のものであれば、国が使用量の制限をしなくても「人や環境に害がない」

と認定しているので安心です。

 

● 結局油性塗料って臭いの?

環境問題を解決させるために塗料の改善(弱溶剤の登場)が行われたため、

現在使用される油性塗料で弱溶剤タイプのものは嫌なニオイに対して心配する必要はありません!

 

昨日の比較の最後にもお伝えしましたが、油性塗料でも嫌なニオイを発しないタイプも登場して、

水性塗料でも油性塗料に負けない耐久性を持ったタイプも登場しております。

外壁塗装の際に塗料の何をどの順で優先させるかで選択肢を絞っていけますので、お気軽にご相談ください♪

外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご相談はこちら

外壁塗装、雨漏りのことなら熊澤建装へお任せください!

私どもは、神奈川県の秦野市を中心に公共物件の塗装やゼネコンの下請け塗装工事を中心に地域の建物を長持ちさせるという思いで事業を拡大してまいりました。

お客様のニーズから公共、ゼネコンの業務だけではなく戸建の塗装をして欲しいとたくさんのお声を頂き、今では秦野市から厚木市、海老名市、横浜市、小田原市を中心とする神奈川県全域、そして東京、千葉、埼玉に塗装事業を展開しております。

弊社の特徴としては、公共工事で培った品質の高い塗装工事です。また防水工事もできることも特徴だと考えています。ですから、品質=職人の技術だと考え、国家資格の1級塗装技能士も在籍しております。

そして、外壁塗装、屋根塗装、防水工事という品質の高い塗装はもちろんのこと、雨漏りしづらいお家にすることも我々の使命だと考えております。

ぜひとも、外壁・屋根塗装、雨漏り、防水のことなら外壁屋根塗装&防水工事専門店の熊澤建装までお気軽にご相談下さい。

外壁屋根塗装&防水工事専門店
熊澤建装 代表

熊澤 将栄SHOEI KUMAZAWA

熊澤建装は東京・神奈川に4店舗展開中!

  • 知る

    塗装会社の選び方、塗装工事のスケジュール等を知ることができます。
  • 見る

    カラーシミュレーションでお家の新しい表情を見ることができます。
  • 聞く

    塗装の専門家に塗料や塗装工事の話をじっくりと聞くことが出できます。